テーマ:世界史

『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』 大木毅 (岩波新書)

 5冊のクリスティー(先月実家から持ち帰った3冊+ブックオフで買った2冊)を読み終えたので、久しぶりに新書を――ということで購入した2冊のうちの1冊が『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』。  3ヵ月前に出ていたとは・・・最近、チェックが甘いですね。。    帯には 戦場ではない 地獄だの文字。  『応仁の乱』著者・呉座勇一の推薦の言葉にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『十字軍物語 第四巻 十字軍の黄昏』 塩野七生 (新潮文庫)

 『十字軍物語』の第四巻を読み終えました。  先月から、やや駆け足で4冊読み、十字軍について少し分かったような感じがします。  十字軍は第八次まであり、それぞれ性格が違っていたこと。  この4巻でいえば、第六次のトップ・フリードリッヒ2世はローマ法王から破門されたこと。  第七次・第八次を率いたルイ9世は散々な結果に終わった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『十字軍物語 第三巻 獅子心王リチャード』 塩野七生 (新潮文庫)

 『十字軍物語』の第三巻を読み終えました。  背の部分には し 12 100 の文字。  塩野七生にとっては、記念すべき新潮文庫・100冊目! ということでしょうか?  『ローマ人の物語』だけで43巻あり、私も50冊以上読んだことになります。  本書の帯に書かれている、「主要登場人物」は次の3人――。  リチャード一世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『十字軍物語 第二巻 イスラムの反撃』 塩野七生 (新潮文庫)

 『十字軍物語』の第一巻を読み終わってから、約半月。  きのう、第二巻をようやく読み終えました。  タイトルにイスラムの反撃とあるように、第一巻とは攻守逆転。  第二巻の終わりでは、イェルサレムが再びイスラム側の手に落ちます。  キリスト教側から、イスラム側へ――。  冒頭の一文が、このような流れを暗示しています。  人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『十字軍物語 第一巻 神がそれを望んでおられる』 塩野七生 (新潮文庫)

 きのう、岩手に向かう車中で読んでいたのは『十字軍物語』の第一巻。  先月の『承久の乱』に続き、中公新書の日本史もの――という手もありましたが、自重。  この第一巻を読み始めたばかりだったし、今月出た2冊を読み終えないと、来月出る2冊に進めないし・・・。  しかし、450ページ以上あるので、当然、車中では本分くらいまでしか進ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界の歴史がわかる本【古代四大文明~中世ヨーロッパ】篇』 綿引弘 (知的生きかた文庫)

 『世界の歴史がわかる本』の第1巻、東京へ向かう新幹線の車中で読み終わりました。  当たり前ですが、範囲が広すぎて、駆け足な感じは否めません。  ローマ史について言えば、『ローマ人の物語』全43巻が数十ページになってしまうわけで・・・。  まあ、ざっくりでも、広く触れたことに価値があるーーということにしておきましょう。  今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界の歴史がわかる本【ルネッサンス・大航海時代~明・清帝国】篇』 綿引弘 (知的生きかた文庫)

 今年12回目の帰省。  新幹線の中で読んでいたのは、『世界の歴史がわかる本』。  半分くらいまで進むはずが、寝落ちしてしまい100ページにも届きませんでした。  ・・・というのは、第1巻の【古代文明~中世ヨーロッパ】篇の話。  この【ルネッサンス・大航海時代~明・清帝国】篇は、京葉線の車中で読み終わりました。  昨夜、寝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界の歴史がわかる本【帝国主義時代~現代】篇』 綿引弘 (知的生きかた文庫)

 買ったのはいつだったか忘れましたが、古本屋で手に入れた世界史の文庫本。  高校で世界史を選択していなかったので、分からないことが多く――ということで買ったのでしょう。  あまりに昔のことで、よく覚えていませんが・・・。  本棚に眠ったままの3冊セット。  とっつきやすい近現代の3冊目から読み始めました。  こんな感じで世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『民族と国家 ――イスラム史の視角から――』 山内昌之 (岩波新書)

 いつの頃からか、新書コーナーのけっこうなスペースを占めるようになった、地政学の本。  目立つのは、池上彰と佐藤優で、2人の共著もあります。  佐藤優は共著の数が多く、その中で見覚えがあったのが、山内昌之の名前。  20年以上前の『民族と国家 ――イスラム史の視角から――』の著者でした。  読んだのはかなり前なので、例によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ人の物語 31 終わりの始まり〔下〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 泳いだ後は、鈴木祥子のライブへ行きました。  会場の音響ハウスは銀座で、最寄駅は新富町。  わりと近いですが、車中で読むために『ローマ人の物語』の31巻と32巻の2冊を持参しました。  ・・・といっても、きのう半分以上読んだ31巻は、きょう午前中にさらに読み、残り20ページほど。  新木場に着く前に読み終わりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ人の物語 30 終わりの始まり〔中〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 きのう残り10ページで力尽きてしまい、読み終えたのはけさ起きてから・・・。  それでも、6月は(ほぼ)10冊再読したことになります。  5月の12冊には及びませんが、30巻に到達し、残りは13冊。  4月末時点では考えもしなかった「年内読了」が見えてきました。  まあ、そのぶん、ほかの本を読めていないので、少しペースを落とそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ人の物語 28 すべての道はローマに通ず〔下〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 きのう千葉へ戻る車中に70ページほど進み、寝る前に約30ページ。  きょう帰宅してから60ページほど読み、ほぼ終了。  約40ページあるカラー写真はじっくり目を通せていませんが・・・。  疲れている時でも文字は読めますが、写真や地図はそうはいきません。  第27巻を含め、余裕のある時に鑑賞したいと思います。  それに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ人の物語 27 すべての道はローマに通ず〔上〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 今年6回目の帰省は、行きも帰りも『ローマ人の物語』の第27巻。  カラー写真が30ページほどあり、読む部分はそれほど多くないのですが、断続的に寝てしまったので、時間がかかりました。  先ほど、宇都宮を出たところ。  あと1時間半くらいは車中なので、第28巻をいけるところまで。  あすの6時出社は当然のごとく、5時早呼びに。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ人の物語 23 危機と克服〔下〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 『ローマ人の物語』のエントリーは先月16日の15巻以来。    区切りがよいところを逃しましたが、そろそろ『ガリア戦記』に移りましょうか。  ・・・・と書いていましたが、『ガリア戦記』に移ることなく、あれから8冊読んだことになります。    ざっくりと、1月・2月は月1冊、3月は半月で1冊、4月は週1冊のペース。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ人の物語 15 パクス・ロマーナ〔中〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 3日前にエントリーしたことになっていますが、これはボタンの押し間違いが原因。  「保存して一覧へ」を押したつもりが、「公開」を押していました。。  ・・・ということで、これを書いているのは、19日23時30分過ぎ。  15巻を読み終えてから、3日が経ちました。 「帝政」の名を口にせず、しかし着実に帝政をローマに浸透させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ人の物語 14 パクス・ロマーナ〔上〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 『ローマ人の物語 10 ユリウス・カエサル ルビコン以前〔下〕』をエントリーしたのは、先週金曜日。  ・・・ということは、この一週間で4冊読んだことになるんですね。。    今のところ、カエサルの部分(11・12・13巻)だけ読み終わってから、岩波文庫に進む予定。    現実逃避で、読みやすい『ローマ人の物語』を最後までいく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ローマ人の物語 10 ユリウス・カエサル ルビコン以前〔下〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 今年に入ってから、『ローマ人の物語』を再読しています。  一から読むのは2010年以来、6年ぶり。  ざっくりと、1月・2月は月1冊、3月は半月で1冊、4月は週1冊のペース。  そして、今月はここまで週2冊で、10巻に到達。  6年前にアップし損ねたので、今さらのエントリーなのです。。  世界史未履修なので(・・・という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ユーゴスラヴィア現代史』 柴宜弘 (岩波新書)

 『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯』を読んだ流れで、半月ほど前に再読した本――。  どういうことかというと・・・。    一九九二年九月 ユーゴスラビア スヴェティ・ステファン  風向き次第では、約百十キロ北にあるサラエボ近くの山の向こう側から、かすかな大砲の音がときおり聞こえてきた。当時はバルカン紛争が最…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『物語 バルト三国の歴史』 志摩園子 (中公新書)

 先々週の金曜日、名古屋からの帰りの新幹線。  行きの時よりまだマシでしたが、富士山は雲をかぶっていて、残念なことになっていました。  特に、東側が――。  予想通り、東京へ近づくにつれ、雨になり・・・というか、強度は予想以上でした。。  海浜幕張へ着いたのは21時過ぎ。  当然(?)傘を持っていなかったので、オフィスまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡 3』 塩野七生 (新潮文庫)

 全3巻のうち、2巻から再読した『わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡』。  3巻もわりとあっさり読み終えました。     3巻の第三部のタイトルは、マキアヴェッリは、なにを考えたか。    当然、すっかり忘れているので、新鮮に読めそうです。。  5年も経つと、または、再読してからは3年かもしれませんが、どちらにしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡 2』 塩野七生 (新潮文庫)

 少し前に読んだ『マグダラのマリア』の中に、サヴォナローラやチェーザレ・ボルジア、メディチ家の人々の名前が出てきたので思い出したのが、『わが友マキアヴェッリ』。  3巻シリーズの文庫本が発行されたのは5年前で、一通り読んだのですが、記事にしたのは1巻だけ。  とりあえず、まだエントリーしていない2巻を再読しました。  最終保存時刻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界史の極意』 佐藤優 (NHK出版新書)

 きのう、衝動買いした本。。  内容はちょっと難しいところもありましたが、一気に読み終えました。    ウクライナ危機、イスラム国、スコットランド問題……    世界はどこに向かうのか? 戦争の時代は繰り返されるのか?     「資本主義と帝国主義」「ナショナリズム」「キリスト教とイスラム」の3つのテーマを立て、    現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ亡き後の地中海世界 海賊、そして海軍 4』 塩野七生 (新潮社)

 法事のため、約1ヵ月半ぶりに佐野へ行ってきました。  今度は東武を使おう・・・と思っていましたが、結局、前回と同じルートを選択。  ただし、車中で読む本の選択は変えました。  『ローマ亡き後の地中海世界 海賊、そして海軍 4』が読みかけだっただけの話ですが・・・。  時間はたっぷりあり(片道3時間×2)、残りは200ページ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ亡き後の地中海世界 海賊、そして海軍 3』 塩野七生 (新潮社)

 先週、新潮文庫の最新刊を3冊買いました。  『ローマ亡き後の地中海世界 海賊、そして海軍』の第3巻・第4巻と『シンメトリーの地図帳』。  『シンメトリーの地図帳』は久しぶりのScience&Historyでかなり興味深いですが、本文だけで620ページあるので、ひとまずパスするしかありません・・・というより、第1巻・第2巻を読んだば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ亡き後の地中海世界 海賊、そして海軍 2』 塩野七生 (新潮社)

 『ローマ亡き後の地中海世界 海賊、そして海軍』の文庫・第2巻。      反撃の狼煙をあげるキリスト教勢力     海軍の創設、シチリア再征服、そして十字軍結成――!     『ローマ人の物語』の衝撃的な「その後」  イスラムの海賊に押されっぱなしだった第1巻に比べると、帯にあるように、キリスト教側も海軍で対抗するなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ亡き後の地中海世界 海賊、そして海軍 1』 塩野七生 (新潮社)

 先月末で、とうとう新聞の購読を止めてしまいました。  じっくり読む時間もないのに、部屋が散らかる一因だったので(思いっきり、原因他人論)、ついに・・・。  まあ、最低限の情報はネットで何とかなります。  (テレビも加えたいところですが、ほとんど見てないし、そもそもこのままでは来年の4月に・・・)  でも、ちょっと困るのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドイツ統一戦争 ビスマルクとモルトケ』 望田幸男 (教育社歴史新書)

 今はなき、稲毛駅駅近くの古本屋で10年以上前に買った本。  例によってなぜ買ったのか、よく分かりません。衝動買い(!?)だったのでしょう。。  買ったのは10年前か、15年前か・・・。  ほとんどページを開いていなかったですが、『統一ドイツのゆくえ』のつながりで、読んでみました。  もっとも、似ているのはタイトルだけ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コンスタンティノープルの陥落』 塩野七生 (新潮文庫)

 『ローマ人の物語 43』を読み終え、次は――ということで読んでみたのが、本棚に眠っていた『コンスタンティノープルの陥落』。  買ったのは10年以上前なのですが、数ページしか読んでいなかったはず。。  ページを開き、まず、冒頭にあった勢力分布図にびっくり。  ユスティニアヌス帝時代には地中海沿岸のほとんどがビザンチン帝国の勢力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ人の物語 43 ローマ世界の終焉〔下〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 『ローマ人の物語』の文庫本の刊行が始まったのは、今から9年前のこと。  先週、最後の43巻をついに読み終わりました。さすがに、感慨深いですね。  単行本を読んでいなかったので、どのくらいの長編か知らなかったのですが、まさか43冊になるとは・・・。  もっとも、知らなくてよかったのかもしれません。知っていたら、ハナから読まなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローマ人の物語 42 ローマ世界の終焉〔中〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 文庫本も残すところ、あと2冊。41巻・『ローマ世界の終焉〔上〕』を読んだ勢いで、この42巻・『ローマ世界の終焉〔中〕』もわりと短期間で読み終えました。  勢いで読んだわりに(!?)、矛盾と思われる箇所も発見出来たりして・・・。  まあ、数ページしか離れていないので、これくらいなら見つけられます。  まず、東のエジプトからはヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more