*** 謎の天気図 その150 ***

 久しぶりに、謎の天気図。  遡ってみたら、2018/11/29以来――ということで、1年3ヵ月ぶりです。    再配信があったのは、きのう9時のASAS(アジア太平洋域天気図)。  下は、最初に配信された天気図で、1ヵ所不体裁があります。  ノーヒントで見つけた人はどうかしている(笑)というレベル・・・。  ●ASAS…
コメント:0

続きを読むread more

『もう恋なんてしない』 槇原敬之 (WEAミュージック)

 昔、このブログで書いた3つの記事――。 1)『Harvest The Very Best of Shoko Suzuki』 鈴木祥子                    (2008-06-29) 2)『ダ・ヴィンチ NO.162 October 2007』 (メディアファクトリー)                   …
コメント:0

続きを読むread more

『BUTTER』 柚木麻子 (新潮文庫)

 名前は知っていましたが、初めて買った柚木麻子。  帯に書かれている評が絶賛の嵐だったので、つい・・・。  その帯に隠れていて、『BUTTER』のカバーにはバターが隠れています。 男たちの財産を奪い、殺害した容疑で逮捕された梶井真奈子(カジマナ)。若くも美しくもない彼女がなぜ――。週刊誌記者の町田里佳は親友の伶子の助言をも…
コメント:0

続きを読むread more

*** 余市で2月の6時間降雪量の日最大値が1位タイとなる大雪に・・・ (2/10夜間) ***

 何とも分かりづらいタイトルですが、そういうことです・・・。  2月1位タイの対象は、きのう(11日)3時までの6時間降雪量31センチですが、その前後も数時間強い雪が継続していました。  10日20時に46cmだった積雪深は、11日5時には88cm! 9時間で42cm増えているので、これも2月1位は固いと思います。。  記…
コメント:0

続きを読むread more

『現代の感染症』 相川正道・永倉貢一 (岩波新書)

 定価(本体630円+税)に対し、鉛筆で書いた450。  いつ、どこの古本屋で買ったのか? まったく記憶にないですが、最後に読んだのが2014年秋だったことだけは分かります。  目次だけ書き写し、保存した時刻が2014-11-01 13:43なので・・・。  読んだきっかけは、デング熱――というのだけは覚えています。    →約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『羽生の頭脳 3 急戦、中飛車・三間飛車破り』 羽生善治 (日本将棋連盟)

 きょう終了したdg将棋の対局は、対中飛車▲3八飛戦法でした。  念のため補足(?)すると、相手が中飛車で、私が▲3八飛側。  私が中飛車を指して、▲3八飛戦法を相手にしたわけではありません。  自分が対中飛車▲3八飛を指すのは初めてかもしれませんが、対▲3八飛は中飛車側をもって何度も経験しています。  ただ、私が指す中飛車…
コメント:0

続きを読むread more

『第1回詰将棋創作キッズチャレンジ』 (将棋世界2020年3月号付録)

 4日間の夜勤が終了。  昼過ぎに起きて、届いたばかりの将棋世界(+アマレン)を開封。  付録の詰将棋を解きました。  第1回の詰将棋キッズチャレンジ。  最近は将棋世界にあまり目を通せていなくて、こんな募集がされていたとは、知らなかったです。  A部門(最終手が桂 1~9手詰)12題+B部門(自由課題)21題…
コメント:0

続きを読むread more

『どちらかが彼女を殺した』 東野圭吾 (講談社文庫)

 加賀恭一郎シリーズの3冊目は『どちらかが彼女を殺した』――。 最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か? 女か? 究極の…
コメント:0

続きを読むread more

『世界最大の気象情報会社になった日』 石橋博良 (講談社)

 ちょうど50年前、昭和45年(1970年)年1月31日9時の天気図。  画像のリンク先は、ハレックスのサイト掲載の気象庁OB・市澤成介氏の記事で、5年前に書かれたものです。  「昭和45年1月低気圧」と命名された低気圧。  広い範囲で、暴風・大雨・大雪による大きな被害が出ました。  海難事故も多発――ということで、本書につ…
コメント:0

続きを読むread more

『浅見光彦殺人事件』 内田康夫 (角川文庫)

 先月に続き、実家の本棚から角川文庫の浅見光彦シリーズを1冊――。  タイトルはそのものずばりの『浅見光彦殺人事件』。  第六章のタイトルは浅見光彦の死――。  今回はネタばれ多いこと、お断りしておきます。。 ------------------------------------------------ プロローグ …
コメント:0

続きを読むread more

『糸』 林民夫 (幻冬舎文庫)

 『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』上下二巻と同時に買った『糸』。  帰省の往復の車中で読み終えました。  画像は幻冬舎のHPより。  美瑛・上富良野ということで、ラベンダーが広がっています。 北海道で生まれ育った高橋漣は、花火大会で出会った園田葵に一目惚れ。彼女が義父から虐待されていることを知るが、まだ中学生の漣には何も…
コメント:0

続きを読むread more

*** キロクアメ トクシマ + キロクアメ コウチ × 2 (1/28) ***

 昨夜はじめの大分県・宮崎県に続くキロクアメ。  未明に徳島県と高知県で1回ずつ発表されました。 -------------------------------------------- 徳島県記録的短時間大雨情報 第1号 令和2年1月28日00時47分 気象庁発表 0時40分徳島県で記録的短時間大雨 那賀町付近で…
コメント:0

続きを読むread more

*** キロクアメ オオイタ × 6 + キロクアメ ミヤザキ (1/27) ***

 19時のNHKニュースで「大分県に記録的短時間大雨情報発表」を知りましたが、こんなに立て続けに出ていたとは・・・。  大分県に6回、宮崎県に1回の計7回。  1月のキロクアメはレアで、3年ぶり。7回は1月最多でしょう。 ---------------------------------------------- 大分県記録…
コメント:0

続きを読むread more

『「日本の四季」がなくなる日 連鎖する異常気象』 中村尚 (小学館新書)

 一週間前にあげた『地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題』。  関連して、(本棚ではなく)床から発見した『「日本の四季」がなくなる日 連鎖する異常気象』を再読しました。  この冬は冬型の気圧配置が続かず、記録的な暖冬・少な雪傾向。「日本の四季」がなくなるというタイトルを実感させられます。  帯には、高校生にも分かる最先端…
コメント:0

続きを読むread more

*** 20冊、処分・・・ ***

 去年の9月に本を30冊処分した時、今年中にあと50冊処分したいと書きましたが、何もしないままに4ヵ月経過――。  きのうようやく、近所のブックオフで以下の20冊を処分しました。  査定に30分ほどかかると言われたのが誤算。  30分後は11:55。13時出社なのに・・・。  適当に立ち読みしつつ、最後の15分ほどは将棋…
コメント:0

続きを読むread more

『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』 先崎学 (文藝春秋)

 先週の太陽研でMさんからいただいた一冊。  『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』を読み終えました。  (画像は文藝春秋のHPより)  先崎九段がうつ病を発症したのは2017年7月。慶応大学病院に入院してから、2018年4月の復帰を目指すまでの日々が綴られています。  うつ病は心の病気ではなく、脳の病気。「まっ…
コメント:0

続きを読むread more