*** 井上昌己フリーライブ in 府中フォーリス ***

 月に一度だけ利用する海浜幕張発9時35分の府中本町行き。いつもは西船橋で乗り換えますが、きょうは終点府中本町まで。  井上昌己のフリーライブに行ってきました。  泳いだ後で、開演ギリギリの到着。  第1部は写真を撮れるスペースでなく・・・。  恋が素敵な理由  YELL! ―16番目の夏―  つながりたい  Af…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『無思想の発見』 養老孟司 (ちくま新書)

 処分しようと思っていた、養老孟司の『無思想の発見』。  最後にもう一度――ということで去年も再読し、書きかけの記事の最終保存時刻は2018-06-21 10:01になっていました。  書き途中の記事に残っていたのは、カバー記載の概要を写したもの――。 日本人は無宗教・無思想・無哲学だという。さて無思想とは、どのような事態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** キロクアメ コウチ (7/9) ***

 おととい(9日)朝に出社したら、米子道で通行止めになったということで驚きました。  以下は日本海新聞の記事からの引用――。 ------------------------------------------------------------------ 7月9日 05:23 米子道の通行止め 【7月9日午前5時10分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『葉桜の日』 鷺沢萠 (新潮文庫)

 11年ぶり(!)の鷺沢萠。  先月の帰省時、『ペンローズのねじれた四次元』とともに買った一冊です。  葉桜の季節に読めればよかったですが、そんなことは言っていられません。  表題作のほかに、果実の舟を川に流して。タイトルを知っていたのは、『私はそれを我慢できない』を読んでいたから。この中のウソツキというエッセイに登場します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ペンローズのねじれた四次元 <増補新版> 時空はいかにして生まれたのか』 竹内薫 (講談社ブルーバッ…

 半年ほど前、帰省した時に古書店で見つけた一冊。  1999年に発行された著者の「実質的な処女作」に第6章を加えたもので、半額で買えるのはかなりお得です。その時は迷った末に見送りましたが、残っていてよかったです。 読み始めたら止まらない! 疾走する時空のミステリー  帯にはこのようにありますが、ちょっと時間がかかりました。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 社団戦、1日目 (2019/6/30) ***

 先週の日曜日は社団戦でした。  人混みの浅草寺を通って会場に向かうのはいつも通りですが、微妙に違う道を選択。  まったく人がいない弁天堂を訳もなく一枚――。  今年も2部での参戦で、1局目は某大学のOBチーム。  知っている名前が何人かいたのは学生OBだからというより、前に太陽研に参加した方がいたから。五将の私の相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 九州南部+熊本の大雨(6/28~7/4) ***

 梅雨前線は北緯30度以南まで南下し、九州南部の雨は一休み。  キロクアメ(記録的短時間大雨情報)こそ発表されませんでしたが、先月末から3日夜間にかけて、記録的な大雨になりました。  きょう、鹿児島地方気象台のHPを見たら、災害時気象資料がアップされていました――と思ったら、作成は福岡管区気象台。  鹿児島・宮崎だけでなく、熊…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『茶色の服の男』 アガサ・クリスティー 中村能三 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先月実家から持ち帰ったクリスティーの3冊のうち、最後になったのは『茶色の服の男』。  『杉の柩』・『ホロー荘の殺人』と違ってポアロは登場しませんが、<『アガサ・クリスティーの誘惑』に紹介されていて、かつ(ブログを始めてから)再読していない>ことが、3冊の共通点です。  カバーに書かれているあらすじ――。 父親の死で天涯孤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** アクセス数、570000突破 ***

 アクセス数が570000を突破しました。  560000を突破した3月17日から、約3ヵ月半――。  6月末の時点では約568800だったので、あと10日はかかると思ったのですが・・・。  7月2日の大規模なメンテナンスがあり、カウント方法が変わったようです。  ここ数年はアクセス数が10000増えるのに4ヵ月ほどかかって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ホロー荘の殺人』 アガサ・クリスティー 中村能三 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 きょうから7月――とはまったく関係なく、『ホロー荘の殺人』。  前回の帰省時に持ち帰った3冊のクリスティーのうちの2冊目です。  カバーに書いている本書のあらすじ――。 アンカテル卿の午餐に招かれホロー荘に来たポアロは少なからず不快になった。邸の庭にあるプールの端に一人の男が血を流して死んでおり、傍らにはピストルを手にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 台風3号発生・・・ ***

 けさ書いた記事の続き――。  予想時刻を過ぎても台風に変わらない熱帯低気圧。  このまま熱帯低気圧のままで終わると思っていたら――。 発達する熱帯低気圧に関する情報 第01の06号 令和元年 6月27日10時15分 気象庁予報部発表 (見出し) 熱帯低気圧が今後12時間以内に台風に発達し、西日本太平洋側に接近す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 台風3号・・・? ***

 きのうの朝、大雨と強風及び高波に関する全般気象情報 第1号に驚きました。 (見出し) 熱帯低気圧から変わる台風と前線の影響により、沖縄・奄美では26日夜から27日明け方にかけて、西日本太平洋側では27日、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意し、うねりを伴った高波…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

*** キロクアメ マエバシ × 2 (6/22) ***

 三日前に書いたキロクアメ チヨウシの後、半日経たないうちに発表されたキロクアメ マエバシ。  キロクアメ チヨウシが発表されたのは21日15時過ぎ。  キロクアメ マエバシが発表されたのは22日未明。  こんな時間に発表されるとは、単なる熱雷でないということですね。 ----------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『プロ棋士の詰将棋』 (将棋世界・2019年2月号付録)

 昨年末発行の将棋世界の付録は、プロ棋士の詰将棋集。  意外と(?!)難しく、解けないのを飛ばしつつ進めたものの、挫折。。  先週から何度目からのチャレンジで、きょうようやく解き終えました。  サブタイトルは、ベテランから若手まで40棋士が夢の競演!  以下の40名の棋士のうち、約半年の間に肩書きが変わったのは佐藤義則八段だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Coloring Book』 松本英子 (Mastard Records)

 先週の20TH ANNIVERSARY LIVEの時に買った20周年記念アルバム・『Coloring Book』。  この一週間ですでに10回以上聴き、きょうは初めてDVDを視聴。  もっとも、きょうでリリースから5ヵ月が経過。  だいぶ出遅れているのは否めません。  インストアライブに行った3月に買うべきでした。。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『杉の柩』 アガサ・クリスティー 恩地三保子 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 きのうはリアルなバラの話でしたが、きょうはミステリーのバラ――。  ハヤカワ・ミステリ文庫の『杉の柩』の表紙です。  クリスティー文庫の表紙はバラでなくなりましたが、こちらのほうが雰囲気が出ている感じがします。  カバーにかかれているあらすじ――。 ロディーとエリノアは幼なじみだった。しかし愛し合う二人の前にあのバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more