テーマ:佐藤大五郎

『必至問題39 PART2』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成8年3月号付録)

 3年4ヵ月ぶりの佐藤大五郎九段。  先日、本棚を少しだけ整理していたら、出てきたので・・・。  将棋世界の付録(おもに詰将棋・必至)については順不同で書いているので、このPART2もすでにエントリーしていたか、まったく記憶にありません。  まあ、PART6にこんなことを書いているので(・・・4年前ですが・・・)、まだだったは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『まき割り流詰め指南 5手7手9手詰将棋47題』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成13年12月号付録)

 きのう解いた佐藤大五郎九段の詰将棋集です。  将棋世界の付録は通常39問ですが、この詰将棋は47問。  昼休みに解けたのは3分の2にあたる31問で、残りは帰宅してから解きました。  一桁ものなので、最後まで順調にいくつもりが、NO.34の解答を見て、???。  さらに、NO.38・NO.39・NO40と立て続けに??? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大五郎の痛快5手7手9手 PART8』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成12年10月号付録)

 1ヵ月ほど前の記事で、PART8を発見したと書きましたが、このタイトル、よく見るとおかしいですね。    大五郎の痛快5手7手9手 PART8  いや、これだけなら別になんてことないのですが、最初から並べてみるとおかしいのです。    大五郎の痛快5手7手    大五郎の痛快5手7手 PART2    大五郎の痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大五郎の痛快5手7手 PART6』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成11年11月号付録)

 去年の10月に書いた『大五郎の痛快5手7手』の記事の中で、    このシリーズ、何冊あるか分からないですが、PART1~5とPART7は解いて、記事にしました。    PART6は、どんな形で見つかるでしょうか・・・。 と書きましたが、どんな形もなにも、ふつうに部屋を片づけていたら出てきました。  いや、「部屋を片…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『必至問題39 PART6』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成11年4月号付録)

 佐藤大五郎九段の『必至問題39』、PART7・PART5・PART4・PART3に続いて、PART6を解きました。  この付録の中で駒数がもっとも多いのは、この問題。  盤面15枚、4×4の中の密集形です。  でも、これって、3~1筋を左へ6筋分だけ平行移動しても成立するのでは?  (移動前の)4筋の4枚は必要なく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『大五郎の痛快5手7手』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成9年8月号付録)

 最近、将棋世界の付録の発掘作業(!?)を進めていて、『必至問題39』シリーズが何冊も出てきましたが、『大五郎の痛快5手7手』シリーズも見つかりました。シリーズの一冊目で、PART1とは書かれていません。  前の記事をアップしてから、20分弱で解き終えました。  サクサク全問正解! と言いたいところですが、1問ケアレスミス{%が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『必至問題39 PART3』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成9年2月号付録)

 佐藤大五郎九段の『必至問題39』、PART7・PART5・PART4に続いて、PART3を解きました。  PART5のラスト、PART4のラス前のことがあったので、最後のほうに駒数がやたら多い密集形が出てくるのでは? と予想(期待)していたのですが、案外ふつうの初形でした。  密集形ではありませんが、一番駒数が多かったのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『必至問題39 PART4』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成9年10月号付録)

 佐藤大五郎九段の『必至問題39』、PART7・PART5に続いて、PART4を解きました。  この中で印象に残ったのは、やはりラス前のNO.38でしょうか。  なんと盤面18枚!  PART5のラスト、盤面17枚を上回る、最多記録更新(!?)です。。。  余詰めならぬ、余必至を防ぐための5四歩・3五歩。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『必至問題39 PART5』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成10年10月号付録)

 少なくともPART7まである『必至問題39』のシリーズ。  まずは、PART5を見つけました。PART7と同様、1手必至と3手必至を集めたものです。  基本的に一目の問題が多く、実戦で出てきそうな図もありました。たとえば、NO29(3手必至)。  実戦できれいに決められたら最高ですが、これは気づきそうにありませんね。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『必至問題39 PART7』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成12年7月号付録)

 以前の記事で、「将棋世界の『大五郎の痛快5手7手』は少なくともPART7まであり、PART1とPART6が見つかっていない」と書き、これらはまだ見つけていないのですが、別のシリーズが出てきました。  一手必至と三手必至が収められている『必至問題39』。これはPART7!  『必至問題39』と『大五郎の痛快5手7手』はほぼ同時期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『強くなる5手詰39題』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成8年8月号付録)

 3つ前の記事で、佐藤大五郎九段の話を書きましたが、あれから少し探したら、この詰将棋集が見つかりました。 平成8年8月号の付録ということは、おそらく『大五郎の痛快5手7手』シリーズの少し前でしょう。もっとも、これはPart1を発見しないと、正しいかどうか分かりませんが・・・。  基本的なものから、ちょっと手の込んだものまで、様々…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『薪割り流 詰みと必至』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成14年12月号付録)

 『将棋世界』・最新号の田名後三昧に、先月亡くなった佐藤大五郎九段のことが書かれていました。  本誌の校了作業をしていたところに、佐藤大五郎九段の訃報が入ってきた。慢性腎不全のため、9月1日にご自宅で亡くなられたという。73歳。  佐藤九段は、北海道函館市の出身で、昭和32年にプロ四段昇段。40年に王位戦の挑戦者になった。A級に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『大五郎の痛快5手7手 PART3』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成10年9月号付録)

 2つ前の記事で、少なくともPart1・Part3・Part6はあるはず・・・と書きましたが・・・。  とりあえずPart3が見つかったので、きのうの昼休みに解いてみました。  所要時間は20分弱。ほとんどはサクサク解けたものの、やはり全問とはいかず・・・。  何問かは30秒以内に解けませんでした。  よいイメージを持て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大五郎の痛快5手7手 PART4』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成11年2月号付録)

 社団戦を控え、あわてて『森田銀杏詰将棋傑作選』を解き始めました。  おとといの記事でこんなことを書きましたが、あれからまったく先へ進みません。。。  社団戦はいよいよあさってなのですが・・・。  解けない詰将棋を抱えたまま対局へ臨むことほど、精神衛生上、好ましくないことはなく・・・。  そんなわけで、手頃な詰将棋を探し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大五郎の痛快5手7手 PART7』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成12年3月号付録)

 解きかけの詰将棋集はあるのですが、ストップしたまま・・・なので、先日、掃除中に見つけた佐藤大五郎九段の5手・7手詰を解いてみました。やはり、この手数だとサクサク解けて、気分がよいです。強くなるのに役立つかは別として、喫茶店でちょっと時間をつぶす時などにはこのぐらいが手ごろです。  それにしても佐藤大五郎九段は多作家です。痛快5手7手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『詰将棋入門』 佐藤大五郎 (日本文芸社)

 一週間ほど前に帰省した時、『光速の詰将棋』に行き詰まり、簡単に解けるものを・・・ということで、実家の本棚から大昔に解いた本書を選びました。  3手詰から13手詰までの100問、一般向けの易しい問題なので、スイスイ解けました。これだけ速く解けると、終盤力がアップしたかのように勘違いしてしまうわけで・・・、同じ11手詰でも『光速の詰将棋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『大五郎の痛快5手7手 PART5』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成11年8月号付録)

 次の日曜日(11日4日)は市川市民将棋大会です。日付が変わって・・・4日後になりました。  ・・・といっても実感がありません。ほかにやるべきことがいろいろあって、将棋のことを考えている余裕がありません。  何から手をつければよいのか分からない―――こんな時は詰将棋です。解きかけの難しめのは置いといて、サクサク解けるやつ・・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大五郎の痛快5手7手 PART2』 佐藤大五郎 (将棋世界・平成10年2月号付録)

 ほかに解いている詰将棋集があるのですが、ストップしてしまいました・・・。  やっぱり5手詰・7手詰くらいがサクサク解けて、ストレスがたまりません。このくらいの手数のをサクサク解けないとかえってストレスがたまるとか・・・、サクサク解けすぎるくらいの問題ではトレーニングにならない・・・とか、いろいろありますが、まあ、それはそれ?! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more