テーマ:ミステリー

『愛の探偵たち』 アガサ・クリスティー 小倉多加志 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 7月に読んだ『三幕の殺人』に登場したサタースウェイト。  ほかにどの作品に登場していたかをまったく忘れていて、こんなことを書きました。  当然、サタースウェイト(Wikipedia)が8年前に読んだ短編集・『マン島の黄金』の一つに登場していたなんて、当然、覚えていません。『謎のクィン氏』は持っていませんが、ほかに『愛の探偵たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『満潮に乗って』 アガサ・クリスティー 恩地三保子 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 お盆時の帰省で持ち帰った4冊のクリスティー。  3冊目は『満潮に乗って』ですが、カバーのあらすじを読んでも思い出せません。 大戦後、故郷に帰ったリンは現在の単調な生活にあきあきしていた。しっかり者と、人からも頼られ、信じられていたリン。だが彼女はそんな自分にもあきていた。荒波にもまれて、自由に泳いでみたい――そんな時リンは、危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エッジウェア卿の死』 アガサ・クリスティー 福島正実 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 けさで三日間の夜勤終了。初日はともかく、北陸・甲信・東海を担当した二日目と三日目は臨時報多発で、ほとんど席を立つことが出来ませんでした。  9時過ぎにあがって一寝して、夜勤時に食べるはずだったパンで昼食。  その後、いちおう水着を持って出かけましたが、雨が降り出したので稲毛海岸へ行くのは断念。喫茶店に入り、100ページほど残ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『チムニーズ館の秘密』 アガサ・クリスティー 高橋豊 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先週木曜日、帰省から変える車中で読んでいたのは『チムニーズ館の秘密』。土曜日に読み終えたのに、まだエントリーしていませんでした。  先月読んだ『七つの時計』の姉妹編で、発行されたのはこちらが先。手順前後になりました――というのは前に書いた通りです。  どちらの作品にも登場するのは、チムニーズ館の主:ケイタラム卿、その娘:バンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『複数の時計』 アガサ・クリスティー 橋本福夫 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 霜月蒼の『アガサ・クリスティー完全攻略』で最低評価の☆(星1つではなく、星0.5)だった『複数の時計』。  恐る恐る(?)の再読でした。  カバーの紹介文――。  秘書・タイプ引受所から派遣されたタイピストのシェイラは、依頼人のミス・ペブマーシュの家の居間で待っていた。そこは、時計が無数に置いてある奇妙な部屋だった。突然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『七つの時計』 アガサ・クリスティー 深町真理子 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先月、実家から持ち帰ったクリスティーは『三幕の殺人』・『複数の時計』・『七つの時計』。『複数の時計』についてはまだ書いていませんが、きょう読み終えた『七つの時計』を先にあげておきます。  再読ですが、例によってストーリーを忘れていて・・・。  カバーに書かれている本書の紹介は以下の通り。 鉄鋼王の招きでチムニーズ館に滞在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゴルフ場殺人事件』 アガサ・クリスティー 田村義進 訳 (クリスティー文庫)

 きのうエントリーの『三幕の殺人』の中で、いろいろと順序通りでなくなっていますがと書いたのは、その前に『ゴルフ場殺人事件』を読み終えていたから――。 『スタイルズ荘の怪事件』に続くポアロシリーズの2作目ですが、まったく読んだことがありません。先々週、帰省する前にプレナのくまざわ書店で購入。なぜか車中ではあまり進まず、別の本を読ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『三幕の殺人』 アガサ・クリスティー 田村隆一 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 いろいろと順序通りでなくなっていますが、直近で読み終えた『三幕の殺人』を――。  東京駅での飲みに向かう京葉線の車中で再読完了のはずが、20ページほど残り・・・駅を出てから外のベンチで完了――という珍しいパターン。おかげで、15年ぶりくらいの八重洲ブックセンターには、10分ほどしか立ち寄れませんでした。次の機会にゆっくりと・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『茶色の服の男』 アガサ・クリスティー 中村能三 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先月実家から持ち帰ったクリスティーの3冊のうち、最後になったのは『茶色の服の男』。  『杉の柩』・『ホロー荘の殺人』と違ってポアロは登場しませんが、<『アガサ・クリスティーの誘惑』に紹介されていて、かつ(ブログを始めてから)再読していない>ことが、3冊の共通点です。  カバーに書かれているあらすじ――。 父親の死で天涯孤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ホロー荘の殺人』 アガサ・クリスティー 中村能三 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 きょうから7月――とはまったく関係なく、『ホロー荘の殺人』。  前回の帰省時に持ち帰った3冊のクリスティーのうちの2冊目です。  カバーに書いている本書のあらすじ――。 アンカテル卿の午餐に招かれホロー荘に来たポアロは少なからず不快になった。邸の庭にあるプールの端に一人の男が血を流して死んでおり、傍らにはピストルを手にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『杉の柩』 アガサ・クリスティー 恩地三保子 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 きのうはリアルなバラの話でしたが、きょうはミステリーのバラ――。  ハヤカワ・ミステリ文庫の『杉の柩』の表紙です。  クリスティー文庫の表紙はバラでなくなりましたが、こちらのほうが雰囲気が出ている感じがします。  カバーにかかれているあらすじ――。 ロディーとエリノアは幼なじみだった。しかし愛し合う二人の前にあのバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『象は忘れない』 アガサ・クリスティー 中村能三 訳 (クリスティー文庫)

 先月の帰省で持ち帰った『愛国殺人』・『第三の女』・『雲をつかむ死』はすでに再読完了。  この勢いでもう一冊――の候補は『ゴルフ殺人事件』。  『雲をつかむ死』には登場しなかったものの、ポアロがその手法を酷評(!?)していたジロー刑事。  どんな感じなのか確かめたかったので・・・。  イオンスタイルの宮脇書店にないのは分かっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『雲をつかむ死』 アガサ・クリスティー 加島祥造 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 5月の帰省時に『愛国殺人』・『第三の女』とともに持ち帰った『雲をつかむ死』。  前の2冊は『ポケットにライ麦を』の絡みですが、『雲をつかむ死』は別の理由でした。  30年近く前に発行されたエッセイ集・『アガサ・クリスティーの誘惑』で紹介されている30冊。  4月時点でこのブログで書いたのは17冊なので、今年中(?!)に残り1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『第三の女』 アガサ・クリスティー 小尾芙佐 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先月読んだ『ポケットにライ麦を』――。    来月持ち帰るのは、マザー・グースが引用されていることが共通点の『愛国殺人』。    プラス、同一人物か分かりませんが、ニール主任警部が登場する『第三の女』でしょうか。  そんなわけで、『愛国殺人』に続き、『第三の女』を再読しました。  再読といっても、これまで読んだクリステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『愛国殺人』 アガサ・クリスティー 加島祥造 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先月読んだ『ポケットにライ麦を』は、マザー・グースの歌詞どおりに殺人が起きる「見立て殺人」でした。    来月持ち帰るのは、マザー・グースが引用されていることが共通点の『愛国殺人』。    プラス、同一人物か分かりませんが、ニール主任警部が登場する『第三の女』でしょうか。  そんなわけで、この2冊+1冊を先週帰省した時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ねじれた家』 アガサ・クリスティー 田村隆一 訳 (クリスティー文庫)

 19日に公開された、アガサ・クリスティー原作の『ねじれた家』。  映画を見てから原作を読むか、原作を読んでから映画を見るか・・・。  私は後者のほうがよいのですが、読んだ記憶がありません。  サイトであらすじを読んでも、ピンと来るものがなく・・・。  記憶力が怪しいので、念のため、実家の本棚を捜索しましたが、発見出来ず。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『白昼の悪魔』 アガサ・クリスティー 鳴海四郎 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 『ポケットにライ麦を』とともに持ち帰った『白昼の悪魔』を読了。  30数年ぶりの再読でした。  舞台はスマグラーズ島で、登場人物のほとんどはジョリー・ロジャー・ホテルの滞在客。  スマグラーズは密輸船、ジョリー・ロジャーは海賊旗の意味。  島の名前も(本筋ではないですが)伏線の一つになっているとは・・・。  覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ポケットにライ麦を』 アガサ・クリスティー 宇野利泰 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 土曜日、岩手から千葉へ戻る車中で読み始めた『ポケットにライ麦を』。  先ほど、読み終えました。  全306ページの最後は、印象的な表現――。  こんな比喩、ありましたか・・・。  泪が粒になって、ミス・マープルの両眼からこぼれおちた。憐憫を越えて、憤りが燃えあがった――冷酷無情な殺人者に対する、はげしい憤りだった。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『孤道 完結編 金色の眠り』 内田康夫 原案/和久井清水 著 (講談社文庫)

 きのうエントリーしたのは、3月に指したdg将棋の対局でした。  3月に指したdg将棋の対局について、一週間前にその1をあげましたが、その2がまだでした。  将棋ではありませんが、状況は同じ――。  一週間前に『孤道』をあげましたが、『孤道 完結編 金色の眠り』はまだでした。  内田康夫が『孤道』を書き続けること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『孤道』 内田康夫 (講談社文庫)

 先週金曜日に買った『孤道』と『孤道 完結編 金色の眠り』。  きのう『孤道』を読み終えた勢いで、きょう一日で『孤道 完結編 金色の眠り』を読了しました。  (上)・(下)でなく、タイトルが微妙に違うのは、著者が違うから――。  Wikipediaには、この辺りの事情が次のように書かれています。 --------------…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『バートラム・ホテルにて』 アガサ・クリスティー 乾信一郎 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 『予告殺人』に続き、『バートラム・ホテル』を読み終えました。  ミス・マープルものであることに加え、すみれが出てくるのが共通点。    カーペンター夫人のかぶっている、スミレの造花のついた帽子(P34)    エルヴァイラが受け取った、スミレ・クリームがのったチョコレート(P234)  とはいえ、この2ヵ所、『予告殺人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『予告殺人』 アガサ・クリスティー 田村隆一 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先週帰省した時に持ち帰った3冊は先月と同様、ミス・マープルもの2冊+梅原淳の鉄道もの。  ミス・マープルものは『予告殺人』と『バートラム・ホテルにて』。    『予告殺人』は4月14日にドラマがオンエアされるようで・・・。     ⇒ テレビ朝日  おそらく20~30年ぶりの再読。  例によって、すっかり忘れているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『盤上に死を描く』 井上ねこ (宝島社文庫)

 第17回『このミステリーがすごい!』の優秀賞・『盤上に死を描く』。  日曜日の太陽研の例会で、Mさんに頂きました。  盤上に描かれるのは詰将棋で、その配置の見立てに使われたのは被害者の××でした。。  私の頭でも浮かぶのは現場の住所ですが、札幌や京都ならともかく、名古屋では難しいですね。  ――というか、住所ではベタ過ぎて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『不連続殺人事件』 坂口安吾 (角川文庫)

 3年前にエントリーした、アガサ・クリスティーの『魔術の殺人』。  ――の中で引用した、由良三郎の『ミステリーの泣きどころ トリック・ワナの裏をかく』の一文。  二人の犯人(殺意ある人々)が表面では仲違いを装い、実は毒殺劇に協力していたというところは、これもよくある手だ。わが国では、坂口安吾の『不連続殺人事件』、海外ではアガサ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『復讐の女神』 アガサ・クリスティー 乾信一郎 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先週、帰省中に見た『バイオハザードII アポカリプス』に登場するネメシス――。  Wikipediaから一部引用――。    ネメシス(古希: Νέμεσις, Nemesis)は、ギリシア神話に登場する女神である。    人間が神に働く無礼(ヒュブリス)に対する、神の憤りと罰の擬人化である。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カリブ海の秘密』 アガサ・クリスティー 永井淳 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先週、帰省中に見た『バイオハザードII アポカリプス』に登場するネメシス――。    ネメシス――。    千葉に持ち帰るクリスティーの1冊が決まりました。  この1冊は、当然、『復讐の女神』。  ・・・ですが、『カリブ海の秘密』の続篇ということを知り――というか、忘れていました。  結局、2冊持ち帰り、まずは『カリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『閉じられた棺』 ソフィー・ハナ 山本博・遠藤靖子 訳 (クリスティー文庫)

 アガサ・クリスティ社公認、ソフィー・ハナによるポアロシリーズの続編・第二弾の『閉じられた棺』。  予定では、岩手へ向かう車中で半分くらい読み、帰省中に終わるはずでしたが・・・。  行きも帰りも適度に(!?)寝落ちしてしまい、きょうにずれ込みました。。  ポアロの相方は『モノグラム殺人事件』に続き、エドワード・キャッチプール。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナイルに死す』 アガサ・クリスティー 加島祥造 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先月持ち帰ったクリスティーの中近東もの2冊。  『メソポタミヤの殺人』は中東を舞台にした作品中の最高傑作だったのに対し、この『ナイルに死す』は、ロマンとミステリが鮮やかに結合した最高傑作。繰り返しになりますが、「最高傑作」を安売りし過ぎ。。  以下はカバーに書かれている紹介――。 社交界の花形であり財産家でもあるリネットと失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『メソポタミヤの殺人』 アガサ・クリスティー 高橋豊 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 約7ヵ月ぶりのアガサ・クリスティー。  『十字軍物語』を読み始めたので――ということもあり、先月の帰省時に中近東ものを2冊持ち帰りました。    2冊のうち、先に読み終えたのは『メソポタミヤの殺人』。  カバーにはこのように紹介されています。  ルイズの最初の結婚は悲惨を極めた。その思い出から逃れようと、考古学者レイドナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パソコン探偵の名推理』 内田康夫 (講談社文庫)

 帰省中にもう一冊読めました。  そんな予定はなかったのに、夜中に目が覚めて眠れなくなったので・・・。  30年以上前の内田康夫の短編集・『パソコン探偵の名推理』。  3時過ぎに7編まで読み終わり、先ほど最終話を読了。  タイヤ交換待ちという状況があれですが・・・。  カバーに書かれている本書の紹介ーー。  これで分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more