*** 北海道で記録的な大雪・・・? ***

 下は、あさって(3月2日)の地上予想天気図(画像は気象庁のHPより引用)。  低気圧が発達しながら北日本に接近していて、北海道にとっての南岸低気圧。  いつもながら、降水相が悩ましいところで・・・。  左下は、きょう(28日)9時初期値GSMの850hPaの気温予測(FXFE5784)。  右下は、きのう(27日)9時…
コメント:0

続きを読むread more

*** 横戸元池弁天宮→愛宕神社→米本神社 ***

 きのう、新川千本桜を見るまでに撮った写真――。  順序が逆になりましたが、あげておきます。  検見川浜で所用を済ませ、久しぶりに花見川サイクリングロードへ。  10分ほど走ったところで、サイクリングロードの案内図があったので・・・。  このまま北上するつもりでいたら、花島橋の所で通行止めと言われ・・・。  舗…
コメント:0

続きを読むread more

*** 新川千本桜・・・ ***

 きょうの千葉の最高気温は4月下旬並みの20.1℃。  フォロワーの投稿に刺激され、八千代の新川千本桜を見に行ってきました。  到着したのは14時過ぎ。  とりあえず、川辺で遅め・軽めの昼食。  下流側の八千代橋(国道16号)。  上流側――。  昼食休憩を終え、上流側に向かって河津桜…
コメント:2

続きを読むread more

『奥州藤原氏の栄光と挫折』 今東光 (講談社)

 1月30日、佐野洋の『元号裁判』を読んだ後のツイート――。 Wikipediaで佐野洋のページのリンクから、梶山季之、さらに今東光へ。梶山季之はともかく、今東光は一冊持っているので次の次くらいに・・・という備忘録。  「次の次くらい」の予定でしたが、実際は「次の次の次の次の次の次の次の次」になりました。  ――というわけで、…
コメント:0

続きを読むread more

『人麻呂の暗号』 藤村由加 (新潮社)

 長い間、本棚の奥で眠っていた本を読了しました。  30年ほど前に話題となった『人麻呂の暗号』――。  話題になった時に読んだわけでなく、手に入れたのは古本屋。  15年前か、ひょっとすると20年前になるかもしれません。  ただ、ずっと本棚の奥にあり、ページを開いたのは今回がまったくの初めて。  カバーの表紙裏が、…
コメント:0

続きを読むread more

*** 道東で日最低海面気圧、更新 ***

 けさ6時の実況天気図。  本州南岸から三陸沖を北上した低気圧は道東をかすめ、946hPa!  24時間で50hPaの気圧低下は、数年に一度といってよいでしょう。  数日前から注目していましたが、この低気圧の通過により、根室・釧路・網走で日最低海面気圧の記録を更新しました。  1分ごとの値まではチェック出来ていなくて…
コメント:0

続きを読むread more

『新説の日本史』 河内春人・亀田俊和・矢部健太郎・高尾善希・町田明広・舟橋正真 (SB新書)

 おととい買った『新説の日本史』を読了しました。 気鋭の研究者が日本史の通説に挑む 歴史研究の現場において、これまでの常識を覆す説が次々に生まれている。その中心となり、優れた研究結果を発表しているのが、若手・中堅の歴史学者たちである。本書では、古代・中世・近世・近現代と、ぞれぞれの時代において注目を集めている最新の知見をもと…
コメント:0

続きを読むread more

*** 磐越道、吹雪で通行止め (2/9夜間) ***

 あすからの五日間は、爆弾低気圧のち強い冬型。  かなりの荒天でシビアなことになりそう・・・。  埋もれてしまいそうなので、先週の事象を残しておきます。  対象事例は、9日夜間の福島県内。  磐越道で吹雪による通行止めが発生しました。  以下は、通行止めの履歴――。 【通行止:開始】 路線:E49磐越道(上下線) …
コメント:0

続きを読むread more

『バグダッドの秘密』 アガサ・クリスティー 中村妙子 訳 (クリスティー文庫)

 残りわずかになった、未読のクリスティー。  日曜日、千葉みなとへ行ったついでに、そごうの三省堂書店に立ち寄り、『バグダッドの秘密』を購入。  少しずつしか進みませんでしたが、きのうの朝に読了しました。 おしゃべり好きが災いして会社を馘になったヴィクトリアは、一目惚れした美青年を追いかけて一路バグダッドへ。やっとのことで彼…
コメント:0

続きを読むread more

『実例次の一手 知っておくべき将棋用語』 西田拓也 (将棋世界・2021年3月号付録)

 五日連続の13時出社が終了。  0時30分帰宅のきょうが一番早いというのも、どうかしています。  午前中はリモートで打ち合わせでしたし・・・。  打ち合わせが予定より長引き、朝に読了した『バグダッドの秘密』について書けなかったのがちょっとした誤算。  とはいえ、読了自体は予定より早く、夕食休憩に読んだのは、将棋世界最新号(…
コメント:0

続きを読むread more

『ディジタル・オーディオの謎を解く CD・DATの科学と開発』 天外伺朗 (講談社ブルーバックス)

 3時間前にあげた『絵でわかる現代物理学』よりさらに古く、34年前!  何となく、『ディジタル・オーディオの謎を解く』を再読しました。  CD・DATの科学と開発というサブタイトルが、時代を感じさせます。  細かな所は忘れていましたが、直交に関する箇所は覚えています。  数学的な意味での直交を知ったのは、この本が初めてだ…
コメント:0

続きを読むread more

『絵でわかる現代物理学』 小暮陽三 (日本実業出版社)

 三日前、『新版 自然界における左と右 下』の記事で書いたこと——。 パリティ、反物質、スピン、スーパーストリング・・・。 この手のをしばらく読んでいなかったので、だいぶ忘れています。 そんなわけで、途中で止まっていた昔の関連本を何度目かの再読中。 いくつか誤植があり、前に読んだ時、スマホで撮っていましたが・・・。  …
コメント:0

続きを読むread more

*** 横手で積雪深200cm超え (2/5) ***

 きのう、おとといあげた記事に以下を追記しましたが——。 アメダス横手は12時までの1時間に9cm、13時までの3時間に18cm! 午後には積雪深が観測史上1位の記録し、23時現在、197cm。 2メートルの大台に到達するかもしれません。  2時に200cm! 4時には203cm!(画像は気象庁HPより)。  5時・6時は…
コメント:0

続きを読むread more

『新版 自然界における左と右 下』 マーティン・ガードナー 坪井忠二・藤井昭彦・小島弘 訳 (ちくま学芸文庫)

 きのう『新版 自然界における左と右』の下巻を読了しました。  なかなか難しかったですが、ほぼ二日での一気読み——。 「自然は究極的には左右対称である」―—ずっとそう思われていたところに、驚愕の実験結果が現れる。コバルト60の原子核から出る電子の数は、一方の極から出るものが他方より多かったのだ。左右対称が破れた!左右の区別を…
コメント:0

続きを読むread more

*** 関東で最早の春一番・・・? ***

 あす(4日)は日本海の低気圧が東北地方を通過。  関東沿岸部で南西風が強まる予想ですが、春一番は微妙な感じ——と思っていたら・・・。   → 関東で過去最も早い春一番か 明日4日(木)は南西の風が強まる予想  直近で南西風が強まったのは、きのう(2日)の未明~朝。  きのう3時のアメダスを見ると、江戸川臨海で15m/s…
コメント:0

続きを読むread more

『新版 自然界における左と右 上』 マーティン・ガードナー 坪井忠二・藤井昭彦・小島弘 訳 (ちくま学芸文庫)

 夜勤初日。  いつもは泳ぎに行くところですが、月曜日なので稲毛海岸は定休日。  ちばみなとへ行く元気もなく、読みかけの本に集中しました。  マーティン・ガードナーの『新版 自然界における左と右』の上巻。  一度見送りましたが、面白そうだったので、先週土曜日に買いました。 「鏡は上下はそのまま映すのに、なぜ左右だけを反…
コメント:0

続きを読むread more