『海浜の午後』 アガサ・クリスティー 深町眞理子・麻田実 訳 (クリスティー文庫)

 月曜日に買った3冊のクリスティーのうち、2冊目は『海浜の午後』。  表題作のほか、患者・ねずみたちの計三作が収められた戯曲集です。 高価なエメラルドの首飾り盗難をめぐり浜辺でくりひろげられるユーモラスな騒動。何者かに襲われ意識不明となった患者の証言を聞きだす実験。アパートの一室に誘い出された男女を待つ恐るべき罠。クリスティ…
コメント:0

続きを読むread more