『殺人は容易だ』 アガサ・クリスティー 高橋豊 訳 (クリスティー文庫)

 きのう奈良から戻った後に読み終えた『殺人は容易だ』。  刺激的なタイトルは、加害者でなく、被害者の言葉から採られたものです。  ルークはいさぎよく顔を赤らめた。  「殺人事件がそうたびたび起きるとはね! 何度も人殺しをしながら罪をのがれるということは、かなり難しいですよ」  ミス・ピンカートンは首を振った。  「いいえ、…
コメント:0

続きを読むread more