『満潮に乗って』 アガサ・クリスティー 恩地三保子 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 お盆時の帰省で持ち帰った4冊のクリスティー。  3冊目は『満潮に乗って』ですが、カバーのあらすじを読んでも思い出せません。 大戦後、故郷に帰ったリンは現在の単調な生活にあきあきしていた。しっかり者と、人からも頼られ、信じられていたリン。だが彼女はそんな自分にもあきていた。荒波にもまれて、自由に泳いでみたい――そんな時リンは、危…
コメント:0

続きを読むread more