*** キロクアメ ウツノミヤ + キロクアメ コウフ + キロクアメ マエバシ (8/9) ***

 きのう(9日)も午後は大気の状態が不安定。関東甲信でキロクアメが3回発表されました。

 まずは、昼過ぎにキロクアメ ウツノミヤ――。

--------------------------------------------
栃木県記録的短時間大雨情報 第1号
令和元年8月9日14時51分 気象庁発表

14時40分栃木県で記録的短時間大雨
日光市今市付近で約110ミリ

--------------------------------------------

 エコー強度だけなら、福島・茨城県境付近のものも・・・。

201908091440-00.png

 続いて、昼過ぎにキロクアメ コウフ――。

--------------------------------------------
山梨県記録的短時間大雨情報 第1号
令和元年8月9日17時11分 気象庁発表

17時山梨県で記録的短時間大雨
笛吹市付近で約100ミリ
甲州市西部付近で約100ミリ

--------------------------------------------

 エコー強度だけなら、茨城県のものも・・・。

201908091630-00.png

 夜に入り、キロクアメ マエバシ――。

--------------------------------------------
群馬県記録的短時間大雨情報 第1号
令和元年8月9日21時28分 気象庁発表

21時20分群馬県で記録的短時間大雨
中之条町付近で約100ミリ
みなかみ町南部付近で約100ミリ

--------------------------------------------

 エコー強度だけなら、長野県北部や岐阜県のものも・・・。

201908092100-00.png

 地上天気図の前日(8日)との違いは、北海道の南東海上に低気圧が進み、低気圧からのびる寒冷前線が東北地方にかかっていること。
 これに関連して、500hPaの5880mラインも南下し、上空の高気圧は前日より少し弱まっていました。関東北部の500hPaの気温は-6℃以下で、MSMの850hPa-500hPaのSSIは所々で-5前後。あまり見ないような不安定度でした。

 ●地上実況天気図 8月9日21時        ●AXFE578 8月9日21時
SPAS_2019080921.jpg

 きょうは上空の流れが北西→南東に変化し、関東地方は平野部にも雲が流れ込みやすいパターン。実際、きのうの朝時点での某モデルは都内で強雨を予想していました。
 ・・・が、新しい計算では北部中心に変化。下層の南よりの風が内陸まで入り、収束域が北へずれたことが要因のようです。
 これにしたがって、埼玉~東京の雨量はきのうより下方修正しましたが、はたしてどのような結果になるのか。

 とりあえず、眠ります。。
 けさの秋田県内の予想以上の強雨については、起きてから・・・。


 ※ 画像は気象庁のHPより引用しました。

この記事へのコメント