Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『日本史の論点 邪馬台国から象徴天皇制まで』 中公新書編集部 編 (中公新書)

<<   作成日時 : 2018/09/21 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 順序が逆になりましたが、『永久機関で語る現代物理学』より前に読み終えた本。
 12時間前と同じようなことを書いていますが、これは24年前ではなく、先月発行されたものです。。

   鎌倉時代は「いい国つくろう」の1192年に始まる、という時代区分はもはや主流ではない。
   日本史の研究は日々蓄積され、塗り替えられている。
   今注目されている日本史の論点は何か、どこまで解明されたのか。
   「邪馬台国はどこにあったか」「応仁の乱は画期なのか」「江戸時代は「鎖国」だったのか」
   「明治維新は革命なのか」「田中角栄は名宰相か」など、
   古代・中世・近世・近代・現代の29の謎に豪華執筆陣が迫る。


 29の謎が取り上げられているので、一つのテーマの分量は少なめ。
 第1章〜第3章は6ページ前後、第4・5章は10ページ前後。
 第3章までと第4章以降でなぜ分量が違うのか分かりませんが、特に前半は短すぎる感じがしました。
 また、第1章の冒頭には通史が書かれているのに、第2章はなし。
 「豪華執筆陣」ではありますが、ちょっと統一感がないような・・・。

 でも、それぞれのテーマは興味深いもの。
 巻末の「日本史をつかむための百冊」は一冊も持っていないですが・・・。
 読んでみようと思っていたのが何冊かあるので、探してみます。

------------------------------------------------
第1章 古代 倉本一宏
 論点1 邪馬台国はどこにあったのか
 論点2 大王はどこまでたどれるか
 論点3 大化改新はあったのか、なかったのか
 論点4 女帝と道鏡は何を目指していたのか
 論点5 墾田永年私財法で律令制は崩れていったのか
 論点6 武士はなぜ、どのように台頭したのか
第2章 中世 今谷明
 論点1 中世はいつ始まったか
 論点2 鎌倉幕府はどのように成立したか
 論点3 元寇勝利の理由は神風なのか
 論点4 南朝はなぜすぐに滅びなかったか
 論点5 応仁の乱は画期だったか
 論点6 戦国時代の戦争はどのようだったか
第3章 近世 大石学
 論点1 大名や旗本は封建領主か、それとも官僚か
 論点2 江戸時代の首都は京都か、江戸か
 論点3 日本は鎖国によって閉ざされていた、は本当か
 論点4 江戸は「大きな政府」か、「小さな政府」か
 論点5 江戸の社会は家柄重視か、実力主義か
 論点6 「平和」の土台は武力か、教育か
 論点7 明治維新は江戸の否定か、江戸の達成か
第4章 近代 清水唯一朗
 論点1 明治維新は革命だったのか
 論点2 なぜ官僚主導の近代国家が生まれたのか
 論点3 大正デモクラシーとは何だったのか
 論点4 戦争は日本に何をもたらしたか
 論点5 大日本帝国とは何だったのか
第5章 現代 宮城大蔵
 論点1 いつまでが「戦後」なのか
 論点2 吉田路線は日本に何を残したか
 論点3 田中角栄は名宰相なのか
 論点4 戦後日本はなぜ高度成長できたのか
 論点5 象徴天皇制はなぜ続いているのか
   日本史をつかむための百冊
          (2018年8月25日発行)

------------------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『日本史の論点 邪馬台国から象徴天皇制まで』 中公新書編集部 編 (中公新書) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる