『しょうことスタインウェイの夕べ~D-Durは復活の調べ』

 鈴木祥子を聴きながら、おだやかな日曜日の朝――。

 聴いているのはただのCDではなく、きのうのレコーディング・ライブを撮ったCD-R。
 鈴木祥子のライブは4年ぶり(!)でした。

 レコーディング・ライブということで、通常のライブとはちょっと異なるスタイル。
 登場後、無言のまま始まり、途中まではほぼMCなし。
 緊迫感あふれるライブでした。。

 先月、すでにブログで公開されていたセットリスト。
 二長調=D-Dur縛りという、マニアックな選曲です。
 そんなこと言われても、私にはまるで分かりませんが・・・。

1.VIRIDIAN(VIRIDIAN/1988)
2.ひとりぼっちのコーラス (風の扉/1990)
3.Sickness (Love, painful love/2000)
4.Love Child (Hourglass/1990)
5.Goodbye,my friend (Radiogenic/1993)
6.プリヴェ(私小説/1998)
7.区役所に行こう (あたらしい愛の詩/1999)
8.いつかまた逢う日まで(あたらしい愛の詩/1999)
9.5years,/AND THEN...(Sweet Serenity/2008)

1.最後のファーストキッス(水の冠/1989)
2.モノクロームの夏(シングル『TRUE ROMANCE』のカップリング/1995)
3.だまって笑ってそばにいる女 (私小説/1998)
4.LOVE IDENTIFIED (鈴木祥子/2006)
5.G.immie some Life (Love, painful love/2000)
6.日記 (私小説/1998)
7.Silent Dream(Hourglass/1990)
8.どこにもかえらない (Long Long Way Home/1990)
9.GOIN'HOME (SNAPSHOTS/1995)


 『Sickness』は「気分でなかったので・・・」とのこと。
 ほかに、『G.immie some Life』と『いつかまた逢う日まで』もやっていないはず。
 ・・・ということで、D-Durは以下の15曲――。

 VIRIDIAN
 ひとりぼっちのコーラス
 Love Child
 Goodbye,my friend
 プリヴェ
 区役所に行こう
 5years,/AND THEN...
 最後のファーストキッス
 モノクロームの夏
 だまって笑ってそばにいる女
 LOVE IDENTIFIED
 日記
 Silent Dream
 どこにもかえらない
 GOIN'HOME


 こんなスタイルなので、アンコールはないだろうと思っていたら、再登場。
 リクエストに応えて2曲――。
 (『夏のまぼろし』は自身がないですが、「土曜」で始まるのでたぶん・・・)

 夏のまぼろし
 my Sweet Surrender


 さらに、再々登場!
 リクエストに応えてさらに1曲――。
 (その前にピアノでやった1曲は、聴いたことのある有名な曲ですが、曲名が分からない・・・)

 海辺とラジオ

 本編は緊迫感にあふれていましたが、その後は自由でした。。

 ライブタイトルに入っているスタインウェイはピアノのこと。
 世界のピアノメーカー御三家の一つだそうで・・・。

画像

 そして、MCであったように、D-Durは宗教音楽で「復活」を意味するそうで・・・。
 鈴木祥子も復活したということで、私もライブに行くのを復活させようと思います。
 この企画は9月・10月も行われるようなので、スケジュールが合えば・・・。

画像


 鈴木祥子のブログにセットリストが載っていました。
   → 2016年7月2日『しょうことスタインウエイの夕べ~D-Durは復活の調べ』セットリストです。

 『G.immie some Life』、やっていましたか。。
 『Love, painful love』を持っていないので、どんな歌だったか、分かりません。。
 「聴いたことのある有名な曲ですが、曲名が分からない」のは、『トルコ行進曲』でした。
 有名なのに曲名を知らないのはたくさんあって・・・。
 ちょっと常識を身につける必要がありますね。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『an evening with syoko&steinway 2016/july.2』

    Excerpt:  二週間前のレコーディング・ライブのCD――。  二週間経っても、まだあの時の緊張感がよみがえります。。 Weblog: Untidy Bookshelves racked: 2016-07-16 22:48
  • 『しょうことスタインウェイのお正月』

    Excerpt:  今年の初ライブは鈴木祥子。  半年前に続く、音響ハウスでは2度目となるレコーディングライブです。 Weblog: Untidy Bookshelves racked: 2017-01-07 23:34