*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.17 その2 ***

 「ちょうど20年前の詰パラに掲載された作品」の続き――。

 1995年11月号は2題入選し、そのうちの一問は先日エントリーしたこれでした。
 で、もう一問は――。

   さて、もう一問の「大学院」、趣向は軽快ですが、導入部が難解。
   変化手順を分かりやすく落とすのは大変なのです。。
   まあ、今月中には何とかなると思いますが・・・。


 今月も半分が過ぎようとしているので、そろそろ手をつけておかないと・・・。
 何しろ、自己最長手数なので、1回ではおさまらないのです。。

 ●詰将棋パラダイス・1995年11月号 大学院9(57手詰)

         (持駒が重なってて見づらいですが、飛飛角桂桂桂桂香です)

 でも、解いてほしいのは趣向部分なので、難解な序の8手をとった局面を最後に示しておきます。楽しみたい方はこちらからどうぞ。
 解答をすぐに載せるのも味気ないので、1ヵ月くらい後にでもひっそりとアップしておきます。


 こんなことを書いたのは、1ヵ月くらい前――ではなく、7年前
 タイトルがその2になっているのは、そういう理由なのです。。

 ●詰将棋パラダイス・1995年11月号 大学院9 9手目の局面(あと49手で詰み)

         (持駒が重なってて見づらいですが、飛角桂桂桂桂です)

 上で、「解いてほしいのは趣向部分なので、難解な序の8手をとった局面を示しておきます」と書きました。
 ・・・が、▲3四馬は必然としても、合駒選択が悩ましいです。
 特に銀合いの変化が――ということで、さらに6手進めます。

   ▲3四馬  △2三飛  ▲2一角  △2二玉  ▲9二飛  △2一玉


 趣向をお楽しみの方は、この図からどうぞ。
 作意手順は10行後――。









     ▲3三桂  △同 飛  ▲1二馬  △3一玉  ▲2二馬  △4一玉
     ▲5三桂  △同 飛  ▲3二馬  △5一玉  ▲4二馬  △6一玉
     ▲7三桂  △同 飛  ▲5二馬  △7一玉  ▲6二馬  △8一玉


 ▲3三桂に△1一玉はちょっとやっかい。
 ▲9一飛成△2一歩▲同桂成△同飛▲同飛成△同玉▲2二歩で、1)△3二玉は▲3三飛△4一玉▲5三桂△5一玉▲6一桂成以下、2)△3一玉は▲1一飛△3二玉▲2一飛成△4二玉▲5四桂以下。
 △3三同飛と決まれば、以下は馬を2回動かし、さらに[桂打ち+馬寄り×2]の繰り返し。
 蛇足ながら、飛車を近くから打つと、玉で取られる変化が生じるので、安心して桂を打てません。
 ・・・というのが、▲9二飛の意味づけです。
 お楽しみいただけたでしょうか?


 図から詰め上がりまで25手ありますが、山はすでに越えています。
 一度だけある合駒選択も、導入部のような複雑さはありません。


 ・・・ということで、導入部の合駒選択の変化に触れておきます。
 図は▲3四馬に△2三銀とした局面。
 この合駒は飛・金・銀・香・歩の五択で、作意の飛車合いは上の手順の通り。
 金合いは作意と同様に進め、▲5三桂を取れないので、早詰み。
 香・歩合いはそもそも▲3三桂を取れないので・・・。
 銀合いでも▲3三桂を取れませんが、▲9二飛に対し、3二へ合駒を打てるのが香・歩合いとの違いです。


 3二への合駒は金・銀・香・歩の四択で、歩は二歩のため打てず、金・銀はばらされて早詰み。
 そんなわけで、香合いへ絞るのは容易ですが、そこからが大変。
 自作とはいえ、作ったのは20年以上前。
 3二でばらした局面からは、柿木将棋Ⅳに頼らなければいけませんでした・・・。

     ▲2一角  △2二玉  ▲9二飛  △3二香  ▲同角成  △同銀
     ▲同飛成  △同 玉  ▲3三香  △4二玉  ▲5四桂  △5三玉
     ▲6二銀  △6三玉  ▲7五桂  △7二玉  ▲6一馬  △8一玉
     ▲7一馬  △9一玉  ▲8三桂打 △9二玉  ▲8四桂   まで33手で詰み


 3二でばらした局面から15手。計33手詰ということで、安心しました。
 1996年2月号に載った塚越良美氏の短評にも33手とあったので・・・。

   難解。10手目銀合で33手詰としておかしいと読み直した。
   4手目香合の変化が難しく手こずった。


 4手目香合の変化に関連するのが、下の図。
 作意手順の14手目の局面と違うのは、攻め方の持駒だけ。
 作意は桂馬4枚だったのに対し、下の図は桂馬3枚+香車1枚。


 この図からの詰め手順は、作意との対比という意味で、なかなか面白いと思います。
 ただ、あまりに長くなるので、今回はここまで――。

 順序は変則的ですが、次回は序に戻ってのややこしい変化。
 その次は、さわやかな(?!)収束――で、7年前の宿題を終える予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック