*** 『夏はどこへ行った』はどこから来たか? ***

 二週間ほど前の鈴木祥子オフィシャルサイト・スタッフブログより――。

  バラード・ベスト発売までいよいよ2週間となりました。
  これを記念して12/11と12/21の2回に渡って
  『Syoko. The ballad of Syoko Suzuki はつばい記念
  スペシャル・プログラム-Syoko.The 強欲 of Syoko Suzuki』
  というウェブラジオのストリーミングをアップ致します。


 なんともすごいタイトルですが・・・。
 アップされてからすでに一週間、ようやく聴きました。
 デビュー直後から初期の裏話は、興味深かったです。

 興味深いといえば、デビュー曲・『夏はどこへ行った』にはもとネタがあったんですね。
 もとネタのスザンヌ・ヴェガは当時、流行っていたそうですが、当然、知りません。。
 このウェブラジオで初めて知りました(Wikipedia)。

 もとネタを聴いてみたくて、検索してみると、2つの説が――。

その1
   ろくに曲を作ったこともないのに、デビューが決まったから曲を書けと言われて、
   相当苦労して作ったというデビュー作。。名曲「夏はどこへ行った」は、
   スザンヌ・ヴェガのデビュー曲「Cracking」の歌詞にオリジナルなメロディを付けて出来上がったもの。


その2
   3曲目の「夏はどこへ行った」は鈴木祥子のデビュー曲。
   昨年(1999年)リリースされた鈴木祥子のコンピレーション・アルバム『あたしの旅路』には
   「夏はどこへ行った」のデモテープ・バージョン(Naked Mix)が収録されていた。
   スザンヌ・ヴェガの「Gipsy」の歌詞にインスパイアされ、その詞にメロディーを付けたものだった。


 さっそく、YouTubeで検索すると、どちらもありました。

 ・『Cracking』     (歌詞


 ・『Gypsy』     (歌詞


 明らかに後者ですね。
 こうして謎は一つ解けましたが、最初の説がどこから出たものなのか・・・。これは解けません。。

 40分弱のウェブラジオ、トークが盛り上がり(?!)、流れたのは7曲だけ。
 バラード・ベストには17曲収録されているのですが、残る1回で収まるのでしょうか?

 2回目がアップされるのは、あさって21日。アルバムリリース日です。
 アルバムを買うのはちょっと先なので、まずはウェブラジオ・第2回を楽しむことにしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック