『時代 -Time goes around-』 中島みゆき (PONY CANYON)

   時代
   風の姿
   ローリング
   あどけない話
   夢みる勇気
   あたし時々おもうの
   流浪の詩
   雨月の使者
   慟哭
   孤独の肖像1st.
   かもめの歌
           (1993/10/21)

 一週間前は久松史奈のライブでした――ということで、中島みゆきの『時代 -Time goes around-』。
 いったいどうつながるのか、意味不明・・・ですよね? 順を追って説明しましょう。

 久松史奈、最大のヒット曲といえば、『天使の休息』。
 日本テレビ系の連続ドラマ『綺麗になりたい』(Wikipedia)の主題歌でした。
 このドラマの主演は中江有里で、挿入歌・『風の姿』を歌っていました。作詞・作曲は中島みゆき。


 そして、この曲が収められているアルバムが『時代 -Time goes around-』(Wikipedia)。
 つながりましたね。。

 『時代 -Time goes around-』はセルフカバー集としては第4弾となるアルバムで、トップは『時代』。
 イントロのライブの音源は1975年の世界歌謡祭の時のものです。
 中島みゆきの名を読み上げているのは坂本九とジュディ・オングで、これだけでも価値があります。
    (↓ 下の動画の1:40~2:10頃)


 その世界歌謡祭Wikipediaを見ていて、思わぬ名前が目に入りました。TOM★CAT !
 TOM★CATといえば、『ふられ気分でRock'n' Roll』が有名です。


 ・・・というか、この一曲しか知りませんでしたが、一週間前にもう一曲知りました。
 それが『LADY BLUE』 。久松史奈のデビュー曲です。


 ちょっと強引ですが・・・つながりましたね。。

     久松史奈   →  綺麗になりたい →  中江有里   →   風の姿

      ↑                                     ↓

    LADY BLUE  ←  TOM★CAT  ←  世界歌謡祭  ←  中島みゆき


 こんなに綺麗(?)につながったのは、どんなに打ちのめされても以来ですね。
 なんだか妙にうれしいです・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック