テーマ:詰将棋

『プロ棋士の詰将棋』 (将棋世界・2019年2月号付録)

 昨年末発行の将棋世界の付録は、プロ棋士の詰将棋集。  意外と(?!)難しく、解けないのを飛ばしつつ進めたものの、挫折。。  先週から何度目からのチャレンジで、きょうようやく解き終えました。  サブタイトルは、ベテランから若手まで40棋士が夢の競演!  以下の40名の棋士のうち、約半年の間に肩書きが変わったのは佐藤義則八段だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『4×4マスの美 伊藤果の詰将棋』 伊藤果 (将棋世界・平成31年5月号付録)

 最近は太陽研の例会日――ということは、中旬以降に初めてページを開くことが多かった将棋世界。  付録が伊藤果八段の詰将棋なのを知り、最新号はさっそく開きました。  『4×4マスの美 伊藤果の詰将棋』のタイトル通り、4×4マスに収まった詰将棋集です。  きのうは、表紙の11手詰+3手詰×10+5手詰×10+7手詰×10。  き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『盤上に死を描く』 井上ねこ (宝島社文庫)

 第17回『このミステリーがすごい!』の優秀賞・『盤上に死を描く』。  日曜日の太陽研の例会で、Mさんに頂きました。  盤上に描かれるのは詰将棋で、その配置の見立てに使われたのは被害者の××でした。。  私の頭でも浮かぶのは現場の住所ですが、札幌や京都ならともかく、名古屋では難しいですね。  ――というか、住所ではベタ過ぎて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.28 ***

 おとといに続き、ちょうど20年前の詰パラに掲載された詰将棋――。  大道棋教室の第2番。  第1番と違って、変化・紛れが多いです。  ●詰将棋パラダイス・1999年2月号 大道棋教室 第2番  手数は29手。  正解は20行後――。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.27 ***

 おととい、ちょうど20年前にリリースされた『無罪モラトリアム』について書きました。  関連して・・・というわけでないですが、ちょうど20年前に詰パラに掲載された詰将棋――。  ●詰将棋パラダイス・1999年2月号 大道棋教室 第1番  双玉ですが、変化・紛れがほとんどなく、易しいです。  正解は20行後――。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『詰め手筋サプリⅢ』 児玉孝一 (将棋世界・平成30年10月号付録)

 将棋世界最新号(10月号)の付録は、児玉八段の『詰め手筋サプリⅢ』。  届いてから二週間近く経ったおととい、ようやく解き始めました。  太陽研に向かう車中で解けたのは19問(表紙+18問=5手詰14問+7手詰4問)。  児玉八段の詰将棋と相性が悪い――というより、解図力が落ちているのでしょう。  最近、ほとんど解いていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中田章道実戦型詰将棋作品集』 中田章道 (将棋世界・平成30年5月号付録)

 きのうは今年度初となる太陽研の例会でした。  10日以上前に届いたアマレン・将棋世界の封を切って持参。  電車の中で、将棋世界の付録を数問だけ解きました。  最新号の付録は『中田章道実戦型詰将棋作品集』。  もっと早く封を切り、解いておくべきでした・・・。  ・・・と痛切に思ったのは、1局目に簡単な9手詰を逃した時・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『内藤國雄の短編詰将棋』 内藤國雄 (将棋世界・平成29年7月号付録)

 きのう『アマレン』とともに届いた、『将棋世界』の最新号(7月号)。  付録は内藤九段の詰将棋集で、サブタイトルは全部詰めたら"九段"? 5手~13手詰39題。  早速とりかかりました。  ・・・が、表紙の問題が解けません。。  10分経過――、15分経過――。  ようやく解けましたが・・・5手詰とは!  2手目の変化で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『一人で遊べる詰将棋』 佐瀬勇次 (日本文芸社)

 今年最後の太陽研の例会は、久しぶりに盛況でした。    > Sさん、名古屋からの参加、ありがとうございました。  例会が終わった後は、忘年会を兼ねた打ち上げ。  中央公民館で行う時の定跡だった、さくら水産がなくなっていたのはかなりの誤算。  新しい所を開拓できたのでよいのですが、次に中央公民館でやるのはいつなのか? それが問題…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『伸び伸びしみじみ』 内藤國雄 (毎日コミュニケーションズ)

 先週、帰省した時、久しぶりに本棚から取り出した一冊は、内藤九段の詰将棋&エッセイ集。  詰将棋とエッセイがセットになっていて、詰将棋100問――ということは、エッセイ集は100編!  エッセイは最後まで読みましたが、詰将棋は途中までしか解いていなかったような・・・。  おそらく、二十数年ぶりの再チャレンジ。  来月の帰省ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.22 ***

  早いもので、7月もあと10分ほどで終わり。   ちょうど20年前の詰パラに掲載された詰将棋――。   すっかり忘れていましたが・・・ギリギリで思い出したので、あげておきます。  4月を7月に変えただけで、3ヵ月前も同じことを書いていました。  まあ、今月の場合、正確には少し前に思い出しましたが・・・。  ちょうど2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『中田章道短編詰将棋集』 中田章道 (将棋世界・平成28年7月号付録)

 将棋世界最新号の付録は中田七段の詰将棋集。  先ほど、茅ヶ崎に着く直前に、最後まで残ったNO.35を解いて、すべて完了!  きのうの京葉線の車中で、表紙+NO.1~NO.19(ただし、15と18のぞく)。  待ち合わせの約40分で、NO.20~NO.28。  きょうは京葉線の車中で、NO.29~No.34。  東海道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.21 ***

 早いもので、4月もあと10分ほどで終わり。  ちょうど20年前の詰パラに掲載された詰将棋――。  すっかり忘れていましたが・・・ギリギリで思い出したので、あげておきます。  ●詰将棋パラダイス・1996年4月号 短期大学18  結果稿が載っている1996年7月号によると、投稿したのは1994年11月30日。  でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 第13回詰将棋解答選手権 一般戦 ***

 2年ぶりに詰将棋解答選手権・一般戦に参加しました。  アンケートに参加回数の質問があり、悩んだ末に7回目?と回答。  実際は、8回目でした。。  アンケートにはほかに「初めて買った詰将棋の本」「好きな詰将棋の本」などもあり・・・。  初めて買った詰将棋の本は、佐瀬勇次八段の『ひとりで遊べる詰将棋』。  初めて買った将棋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 第12回詰将棋解答選手権 一般戦の問題を解いてみた ***

 来週土曜日は、詰将棋解答選手権・一般戦に参加予定――。  ・・・ですが、申し込むのを忘れていて、先ほどようやく完了。  去年は参加出来なかったので、2年ぶりということになります。  2年ぶりというだけでちょっと不安なのに、最近は詰将棋自体、あまり解いていなくて・・・。  そんなわけで、去年の一般戦の問題を(今さら)解いてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.20 ***

 「ちょうど20年前」――の次は「20年と1ヵ月前」。  先月末にエントリーした *** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.19 ***。  その最後でこんなふうに書きましたが、その続きです。    月末ギリギリに間に合った! と思ったら、1996年1月号にはもう1問採用されていました。    前にエントリーしたような気も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『盤上のパラダイス ――詰将棋マニアのおかしな世界――』 若島正 (三一書房)

 しば暦を2月にめくったのがきのうなら、2日に届いたアマレンを開いたのは、きょうでした。  例会案内の掲載依頼を忘れていたので、太陽研のところには「直接お問合わせください」の文字。  依頼を忘れていても、HPを参照のうえ掲載してくれる場合もあるのですが、今回はHPの更新もまだ・・・。  まあ、そもそも依頼を出し忘れていた時点でアウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.19 ***

 「ちょうど20年前の詰パラに掲載された作品」シリーズ――。  採用されたのは、「大道棋教室」でした。  ●詰将棋パラダイス・1996年1月号 大道棋教室 第1番  投稿時、作品とともに送った私のコメント――。      合駒の意味が分かりやすいので手数のわりには容易でしょう。  ちょっと傲慢な感じがしないでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.17 その2 ***

 「ちょうど20年前の詰パラに掲載された作品」の続き――。  1995年11月号は2題入選し、そのうちの一問は先日エントリーしたこれでした。  で、もう一問は――。    さて、もう一問の「大学院」、趣向は軽快ですが、導入部が難解。    変化手順を分かりやすく落とすのは大変なのです。。    まあ、今月中には何とかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.18 ***

 「20年前の詰将棋パラダイスに載った詰将棋」シリーズ――。  1995年11月号は2問掲載されましたが、「大学院」のはなかなか手をつけられないので・・・。  ここでは、「大道棋教室」に載った作品を紹介します。                 (詰将棋パラダイス・1995年11月号 大道棋教室・第2番)  「大道…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.16 ***

 控え目に見積もっても、5年は開けていなかった段ボール2箱。  ほとんどのものを処分するつもりでいたら、表紙に「詰将棋」と書かれたノートが出てきました。  ページを開くと将棋世界と詰将棋パラダイスの入選作が載っていて・・・。  それはよいのですが、詰パラ・1995年9月号の入選作があり、びっくり。  今年に入ってから「ちょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『詰め手筋サプリ Ⅱ』 児玉孝一 (将棋世界・平成27年11月号付録)

 届いたばかりの将棋世界(+アマレン)。  本誌の開く前に付録の児玉七段の詰将棋集を解いてみました。  なんとなくやさしそうなタイトルだったので・・・。  表紙の問題もやさしかったので・・・。  目標は(1問1分平均として)40分でしたが・・・。  確かにやさしい問題が多かったですが、一目で解けないのもけっこう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『実戦型詰将棋』 佐藤庄平 (永岡書店)

 実家に置いてあった詰将棋集を解きました。  後ろのページには「S57、10月3日(日) こうにゅう」の文字。  中二に時に買った本ということですね。  「こうにゅう」ぐらい漢字で書け、という感じもしますが・・・。  なつかしく感じたのは、3手詰最後の第6番。     さて、3一飛の攻めは△2一角合▲同飛成△同飛▲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.15 ***

 早いもので、きょうで8月も終了――。  そんなわけで、ギリギリでちょうど20年前、詰将棋パラダイス・1995年8月号に掲載された作品です。    納涼詰将棋という特別コーナーで掲載された詰将棋。  季節限定・・・というか、この年限定だったような・・・。  3問中、少なくとも2問はほかのコーナーを不採用になったものでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『タイムトライアル116』 将棋世界編集部 (将棋世界・平成8年10月号付録)

 将棋世界の付録でタイムトライアルというと、伊藤果七段が浮かびますが、そうでないのがありました。  『タイムトライアル116』――って、やけに中途半端。  120でないのは、80ページにおさめるための苦肉の策だったのでしょう。  結果は――。  ・初級の部 40題(3手詰・5手詰) → 7分  ・中級の部 40題(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『双玉詰将棋集』 神吉宏充 (将棋世界・平成8年6月号付録)

 少し前、本棚から出てきた神吉六段(当時)の詰将棋集を解いてみました。  神吉七段(現)の詰将棋集は何冊かエントリーしていますが、これはまだでした。    『双玉詰将棋集 VOL.4』  2007/12/09    『双玉詰将棋集PART3』  2008/04/20    『双玉詰将棋集 PART2』  2010/11/29…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『伊藤果の詰将棋』 伊藤果 (将棋世界・平成27年7月号付録)

 7時出社だったのに、帰りが0時を過ぎてしまいました。  日付が変わるといろいろややこしくなるわけで、カッコ書きが多くなります。。  昨夜(2日夜)遅く、届いたばかりの将棋世界の付録を解き始めました。  伊藤果七段の詰将棋集で、サブタイトルは1~9手詰全50題。意外性と妙味の伊藤マジック入門編。  1手詰・3手詰・5手詰・7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.13 ***

 10日前に書いたように、ちょうど20年前の詰将棋パラダイス・1995年4月号には3作品が掲載されました。  前回は入選14回目の作品を取り上げたので、ここでは入選13回目のを――。  大道棋教室に載った作品です。  ・・・って、この3行、一ヵ月前のほぼパクリです。。  大道棋教室にはこの後、何回か入選することになります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.14 ***

 1ヵ月前と状況がまったく変わっていないのが残念ですが・・・。    1ヵ月前と状況がまったく変わっていないのが残念ですが・・・。      作品を生み出すにはそれなりの理由なり、背景があるわけで・・・。      まったくジャンルは違いますが、久しぶりに詰将棋を作ってみたくなった次第。      でも、あまりに離れ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『名作詰将棋』 二上達也・福田稔 (有紀書房)

 きょうは詰将棋解答選手権チャンピオン戦が行われました。  昨年に続き参加するつもりでしたが、一日勘違いしてオフを申請するという致命的ミス。。  オフのはずが夜勤初日になってしまいました。  ちゃんとオフになっていれば、解答選手権→某ライブという理想的な(!?)手順を実現出来たのに・・・。  その代わりといっては何ですが、二…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more