*** 五葉山神社+八幡様の御神木 ***

 きのうの続き――。  3日前(20日)、住田平和神宮に立ち寄った後、気仙川にかかる五葉橋を渡ると鳥居が見えました。  その鳥居の横にあったのが、八幡様の御神木の案内板。  拝殿右の坂を登り、左に折れ、右に折れた途端眼に飛び込んでくる巨木――。  これは見に行くしかありません。  八幡様とあるので、八幡神社…
コメント:0

続きを読むread more

*** 住田平和神宮・・・ ***

 おととい、遠野で墓参りを終えたのは12時前。  まだ時間があるので、沿岸に出ようとしましたが、笛吹峠は通行止め。  国道340号→国道107号で、碁石海岸に向かうことにしました。  ・・・が、国道107号に出る前に間違えて左折。  このままでは上有住に向かってしまうので、引き返すしかありません。  ちょっと走ったら駐車ス…
コメント:0

続きを読むread more

『むかし僕が死んだ家』 東野圭吾 (講談社文庫)

 前の記事で少し触れたように、新幹線待ちの時間から読み始めた東野圭吾。  300ページ弱を一気読みで、東京駅に着くまでにエピローグをのぞいて読了。  京葉線に乗り換えて間もなく、エピローグも読み終えました。  4か月ぶりの東野圭吾は、『むかし僕が死んだ家』――。  帯に「あらすじ」があるのは珍しいかも――。  …
コメント:0

続きを読むread more

『続 悪霊列伝』 永井路子 (新潮文庫)

 実家の本棚にあった『続 悪霊列伝』を再読しました。 『悪霊列伝』を再読したのは10・11月で、そのとき最後に書いたのは――。  14年前に読んだ角川文庫の『悪霊列伝』は、新潮文庫の2冊を合わせたもの。  次回の帰省では、『続 悪霊列伝』を読む予定です。  「次回」は12月の予定だったので、ここまでずれ込むとは…
コメント:0

続きを読むread more

『アガサ・クリスティー自伝〔下〕』 アガサ・クリスティー 乾信一郎 訳 (クリスティー文庫)

 上巻を読んでから10日、『アガサ・クリスティー自伝』の下巻を読了。 作家として順風のスタートを切ったアガサ。英国博覧会使節としての世界一周貧乏旅行。大論争を巻き起こす話題作の誕生。だが、その裏で結婚生活は危機に瀕していた。母の死、スキャンダル、そして離婚。傷心の旅行中の、最愛の男性との出会い……“ミステリの女王”が、愛と波瀾…
コメント:0

続きを読むread more

*** 甲信地方の雪と雨 (3/13) ***

 きのうは12日午後に発表されたFSAS24について書きましたが、この天気図の予想対象時刻は13日9時。  実際はどうだったか、実況の地上天気図とAXFE578を並べたのが下の画像。  低気圧が本州南岸を進んでいて、明け方には今年初のキロクアメ ツ。  そして、この後、午後には関東南部で予想以上の強雨・大雨になりました…
コメント:2

続きを読むread more

*** 謎の天気図 その162 ***

 5日前(12日)、FSAS24(アジア太平洋海上悪天24時間予想図)の訂正再配信がありました。  下は訂正前、14時42分頃に配信されたFSAS24(対象時刻:3月13日9時)。  一か所、不体裁があります。  その4分後、14時46分頃に再配信されたFSAS24。  2枚の天気図の違いは――? …
コメント:0

続きを読むread more

『読む将棋2021』 (文春ムック)

 一週間前に発売された文春ムックの『読む将棋2021』。  速攻で買うつもりが最寄りの書店になく、手に入れたのは翌日でした。  どの記事も読み応えがあり、少しずつ、ゆっくりと・・・。  将棋の読み物がこんなに充実しているとは、うれしい限りです。  どの棋士も、自分の言葉を持っているのがよいですね。  今回読ん…
コメント:0

続きを読むread more

*** 関東南部の強雨・大雨 (3/13) ***

 きのうは11時前にキロクアメ ツについて書き、その後、11時30分頃にうまくいけば、自転車で出かけられそうですと書きましたが、大外れ・・・。  13時の出社前には再び雨脚が強まり、午後は予想以上の強雨・大雨。  そして、こんな時に限って、関東が担当だったりして・・・。  11時~20時のレーダーエコー図は、こちらのツイートに動画…
コメント:0

続きを読むread more

*** キロクアメ ツ (3/13) ***

 四日連続13時出社の最終日。  当然ながら、だんだん起きるのが遅くなり・・・。  先ほど、最低限のチェックをしていて、三重県に記録的短時間大雨情報が発表されているのを知りました。  全国で今年初のキロクアメは、去年より1か月半ほど遅め。  まあ、あの事例と比較するのは間違っていますね。。 --------------…
コメント:0

続きを読むread more

『第2回詰将棋創作キッズチャレンジ』 (将棋世界2021年4月号付録)

 3月も中旬になって、ようやく将棋世界(+アマレン)を開封。  付録は、第2回の詰将棋キッズチャレンジ。  A部門(飛車を捨てる)17題+B部門(自由課題)16題の計33題。  出社前・夕食休憩・帰宅後、それぞれ約20分。  約1年前の第1回と同様、たっぷり1時間消費しました。  時間がかかったのは、A部門の第2問…
コメント:0

続きを読むread more

『アガサ・クリスティー自伝〔上〕』 アガサ・クリスティー 乾信一郎 訳 (クリスティー文庫)

 先月13日にあげた『バグダッドの秘密』以来のアガサ・クリスティー――。  クリスティー文庫から出ているので未読なのは、『アガサ・クリスティー自伝』(上下巻)・『アガサ・クリスティーの秘密ノート』(上下巻)・『アガサ・クリスティー百科事典』だけになりました。  最寄りの二つの書店には置いていないので、3月末が目標――でしょうか。…
コメント:0

続きを読むread more

*** 北海道で記録的な大雪・・・ (3/2) ***

 一週間前、*** 北海道で記録的な大雪・・・? ** というタイトルで書きましたが、振り返りをしていなかったので、簡単に――。  結論としては、3月としては記録的な大雪になりました。  UHB(北海道文化放送)の動画を2本――。  以下は、2日夕方に札幌管区気象台、函館・室蘭・釧路・旭川の各地方気象台、および…
コメント:0

続きを読むread more

『科学とはなにか 新しい科学論、いま必要な三つの視点』 佐倉統 (講談社ブルーバックス)

 二週間前、書店で久しぶりに佐倉統の名前を目をしました。  以前、一冊読んだのは『現代思想としての環境問題 脳と遺伝子の共生』。  過去の記事を遡ると、読んだのは6年前。難解だった記憶しかなく・・・。  保存しただけで、あげていない『マザーネイチャーズ・トーク』の解説も書いていたんですね――というのは、すっかり忘れていました。 …
コメント:0

続きを読むread more

『考える技術』 大前研一 (講談社文庫)

 書店で本を買った時、カバーをかけるか聞かれたら、100%断ります。  でも、何も聞かれずにカバーをかけられたら、100%受け入れます。  部屋にあるカバーつきの本は少数派ですが、いったん積読になってしまうと、存在すら忘れてしまう可能性が高く・・・。  古本屋で買った本書・『考える技術』もそんな一冊。  先日、発見(⁉)して…
コメント:0

続きを読むread more

*** Re: 北海道で記録的な大雪・・・? ***

 きのうあげた記事の続き――。  まずは、あす(2日)9時の予想天気図(画像は気象庁のHPより引用)。  低気圧が発達しながら北日本に接近していて、北海道にとっての南岸低気圧。  ――というのは、きのうも書きましたね。  いつもながら、降水相が悩ましいところで・・・。  これもきのう書きましたが、今回はほとんど…
コメント:0

続きを読むread more

*** 北海道で記録的な大雪・・・? ***

 下は、あさって(3月2日)の地上予想天気図(画像は気象庁のHPより引用)。  低気圧が発達しながら北日本に接近していて、北海道にとっての南岸低気圧。  いつもながら、降水相が悩ましいところで・・・。  左下は、きょう(28日)9時初期値GSMの850hPaの気温予測(FXFE5784)。  右下は、きのう(27日)9時…
コメント:0

続きを読むread more