『20世紀論争史 現代思想の源泉』 高橋昌一郎 (光文社新書)

 『虹を操る少年』からの虹つながりで、『ドレミファソラシは虹の七色?』。  おととい手に入れましたが、一緒に光文社新書ももう1冊。  『20世紀論争史 現代思想の源泉』で、分厚いこちらを先に読み終えました。  高橋昌一郎の本についてあげるのは、9年ぶり(!)5冊目です。  カバーに書かれている概要を書くのが面倒なので、光…
コメント:0

続きを読むread more