*** キロクアメ ナハ × 4 (4/2) ***

 きのう(2日)は沖縄本島に記録的短時間大雨情報は発表されました。
 3時過ぎに立て続けに4回――。

沖縄本島地方記録的短時間大雨情報 第1号
2021年04月02日03時28分 気象庁発表

3時20分沖縄県で記録的短時間大雨
名護市西部付近で約110ミリ
----------------------------------------------------------
沖縄本島地方記録的短時間大雨情報 第2号
2021年04月02日03時32分 気象庁発表

3時20分沖縄県で記録的短時間大雨
恩納村付近で約110ミリ
----------------------------------------------------------
沖縄本島地方記録的短時間大雨情報 第3号
2021年04月02日03時36分 気象庁発表

3時30分沖縄県で記録的短時間大雨
恩納村付近で120ミリ以上
名護市東部付近で約110ミリ
----------------------------------------------------------
沖縄本島地方記録的短時間大雨情報 第4号
2021年04月02日03時44分 気象庁発表

3時30分沖縄県で記録的短時間大雨
宜野座村付近で約110ミリ

 実測でも、名護では3時37分までの1時間に98.0ミリの猛烈な雨を観測。
 3時間降水量(104.0ミリ:~05:10)・6時間降水量(108.5ミリ:~08:10)とともに、3月1位の記録を更新しました。
 また、宮城島では3時間降水量(67.0ミリ~06:40)・6時間降水量(67.0ミリ~09:40)・12時間降水量(67.0ミリ~15:40)・24時間降水量(111.5ミリ:~24:00)・日降水量(111.5ミリ)が3月1位の記録を更新しています。

 レーダーエコーは、YouTubeにあがっていたNHKのニュースで代用――。
 沖縄本島中部~北部を、発達した雨雲が次々と西北西(北西)→東南東(南東)に進んでいる様子が分かります。



 3時の地上天気図と9時のAXFE578(画像は北海道放送のHPより)。
 沖縄本島の北に前線が停滞していますが、これだけでは何とも・・・。
 AXFE578を見ても、顕著なトラフはなく・・・5820mラインより、雲が西北西から東南東に動くことが推測出来るくらいです。

SPAS_2021040203.jpg

 2日3時初期値・MSMの500m水蒸気フラックス(画像はWeathe Modelsより)。
 沖縄本島では、南南西風と南南東風が収束しているのは分かりますが、これも決め手にはなりません。
 ただ、可降水量が一番多いのは沖縄本島北部で、50ミリ以上が計算されていました(画像はなし)。

wvf_2021040118z.jpg

 沖縄本島地方に対しては、1日夕方の時点で気象情報の発表なし。
 2日2時17分に発表されたのは「雷と突風に関する沖縄本島地方気象情報 第1号」で、まだ「大雨」の文字はありません。
 「大雨」の文字がついたのは、4時49分の「大雨と雷及び突風に関する沖縄本島地方気象情報 第2号」で、すでに記録的短時間大雨情報が4回発表された後。
 これだけでも、今回の事象を予測する難しさが分かる感じがします。

 いろいろ探していたら、この動画を発見。
 今回のキロクアメについて、11分も解説していました。
 ぱっと見、3月13日のはないようですが、ほかの動画も見てみようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

navarea11
2021年04月04日 07:49
こういう時は、名瀬、南大東、与那国のウインドプロファイラーでけんとうしてみてはどうでしょうか。間接的な格好になるかも放れませんが、把握できるかも知れませんので。
たかはし
2021年04月05日 23:30
そうですね。
今回は取り損ねてしまいました。
次の機会はリアルタイムで保存しておくようにします。
navarea11
2021年05月04日 22:55
5月1日に静岡県地方であった竜巻関係のレーダー画像。どうやって送信すれば良いでしょうか。