*** 仙台城址 その2 ***

 前の記事の続きで、仙台城址――。
 きのうは「ちょうど一年前」でしたが、きょうは「一年+一日前」。
 ただ、「ちょうど○年前」であげていくと、完了に5年かかるので・・・。

 仙台城址といえば伊達政宗の騎馬像で、その近くに建っているのは昭忠碑
 昭忠とは「忠義を明らかにする」という意味だそうです。
 そして、昭忠碑の前には、鳶のブロンズ像――。

IMG_20210416_010216.jpg

 昭忠碑の塔上に設置されていたブロンズ像は、東日本大震災により落下。
 修復作業完了後、安全性を考慮して、この場所に設置されました。
 ――といったような内容が書かれています。

IMG_20210416_010159.jpg

 土井晩翠の胸像と詩碑――。

IMG_20210416_010229.jpg

 懸造跡――。
 何のことか分からなかったですが、数寄屋風書院造りの建物のようです。

IMG_20210416_010239.jpg

 懸造跡付近から、北のほうの眺め――。

IMG_20210416_010302.jpg

 いよいよ、伊達政宗の騎馬像ですが、逆光が残念。。

IMG_20210416_010249.jpg

 場所を変え、逆光は解消したものの、騎馬像と木々に重なってしまいました。

IMG_20210416_010315.jpg

 さらに場所を変えたものの、やはり木々と重なってしまいます。

IMG_20210416_010326.jpg

 もう少し右に移動すれば、木々とは重ならないのは明らか。
 でも、そんな写真が残っていません。

 ――と思ったら、この一枚。
 本丸大広間跡の向こう側に、騎馬像が見えます。
 おそらく、先ほど撮った所から右に移動するスペースがなかったのでしょう。
 何しろ一年前なので、記憶が・・・。

IMG_20210416_010438.jpg

 大広間の見取り図――。

IMG_20210416_010417.jpg

 大広間などの解説――。

IMG_20210416_010426.jpg

 平日とはいえ、いつもなら観光客で賑わっているはず。
 新型コロナの影響で、地元っぽい人がちらほらいただけでした。

 そして、一年経っても状況が変わっていない――というより悪化しています。
 今年だったら当然、仙台へ行く話なんて出なかったわけで・・・。
 こんな写真が残っていること自体、今となっては不思議な感じしかしません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

すぎもと
2021年04月18日 18:17
仙台行ったのかと思ったら1年前のなんですね。
自分は明日から有効の例の切符買ってしまいましたよ。
週明けにでも緊急事態宣伝が出かねないから電車に乗るだけでも
どこか行くかもしれません。
たかはし
2021年04月22日 11:34
はい、1年前のです。
今は仙台を歩けませんね・・・と言いつつ、こっそり帰省。
夜は実家、昼は車に引きこもっていました。
角館と花巻温泉以外、人が少ない所を選択。
新型コロナに関わらず、いつものことですが・・・。