*** 顕著な大雪に関する気象情報・・・ ***

 強い寒波の影響で、体制増強が必要。
 夜勤は通常は三日までですが、今回は四日連続となりました。

 最終日の昨夜、22時に出社すると、すでに富山県内は予測以上の強い雪。
 顕著な大雪に関する富山県気象情報が発表されていました——と気づいたのは、シフト業務が終わってから・・・。

顕著な大雪に関する富山県気象情報 第8号
令和3年1月7日22時14分 富山地方気象台発表

(見出し)
砺波で7日22時までの3時間に23センチの顕著な降雪を観測しました。この強い雪は8日朝にかけて続く見込みです。西部南の平地では、大規模な交通障害の発生するおそれが高まっています。

 顕著な大雪に関する気象情報の運用が開始されたのは、2018年12月。
 暖冬だった昨シーズンは発表がなく、昨夜の情報が初めての発表でした。

 ・顕著な大雪に関する気象情報(Wikipedia)
 ・新しい雪の情報の提供を開始します(気象庁予報部)

 顕著な大雪に関する富山県気象情報は朝にも発表されていました——と気づいたのは、シフト業務が終わってから・・・。

顕著な大雪に関する富山県気象情報 第10号
令和3年1月8日06時29分 富山地方気象台発表

(見出し)
朝日で8日6時までの3時間に22センチの顕著な降雪を観測しました。この強い雪は8日昼前にかけて続く見込みです。東部北の平地では、大規模な交通障害の発生するおそれが高まっています。

 9時30分過ぎには、顕著な大雪に関する福井県気象情報——。
 結局、四日連続でこの時間まで社内にいることになり、あがったのは10時前。
 それでも、この四日では一番早いなんて、どうかしています。。

顕著な大雪に関する福井県気象情報 第10号
令和3年1月8日09時34分 福井地方気象台発表

(見出し)
大野市で8日9時までの6時間で39センチの顕著な降雪を観測しました。この強い雪は9日にかけて続く見込みです。奥越では、大規模な交通障害の発生するおそれが高まっています。

 昼前には、2回目となる顕著な大雪に関する福井県気象情報——。

顕著な大雪に関する福井県気象情報 第12号
令和3年1月8日11時32分 福井地方気象台発表

(見出し)
福井市で8日11時までの6時間で24センチの顕著な降雪を観測しました。この強い雪は9日にかけて続く見込みです。嶺北では、大規模な交通障害の発生するおそれが高まっています。

 昼過ぎには、顕著な大雪に関する石川県気象情報——。

顕著な大雪に関する石川県気象情報 第8号
令和3年1月8日12時46分 金沢地方気象台発表

(見出し)
加賀南部の山地では、8日12時までの6時間で54センチの顕著な降雪を
観測しました。この強い雪は9日明け方にかけて続く見込みです。加賀南部
の山地では、大規模な交通障害の発生するおそれが高まっています。

 夕方には、顕著な大雪に関する新潟県気象情報——。

顕著な大雪に関する新潟県気象情報 第10号
令和3年1月8日16時22分 新潟地方気象台発表

(見出し)
上越市高田では、8日16時までの3時間に26センチの顕著な降雪を観測しました。この強い雪は9日夕方にかけて続く見込みです。上越の平地では、大規模な交通障害の発生するおそれが高まっています。

 夜に入り、2回目となる顕著な大雪に関する石川県気象情報——。

顕著な大雪に関する石川県気象情報 第11号
令和3年1月8日19時25分 金沢地方気象台発表

(見出し)
珠洲で8日19時までの6時間で25センチの顕著な降雪を観測しました。この強い雪は9日昼前にかけて続く見込みです。能登北部の平地では、大規模な交通障害の発生するおそれが高まっています。

 20時現在、顕著な大雪に関する気象情報の発表は、富山・石川・福井で2回ずつ、新潟県で1回の計7回。
 あすにかけても、さらに何回か発表されるかもしれません。

 今回は平野部を中心に強雪・大雪になっているのが特徴。
 下は、けさ9時の地上天気図とAXFE578。
 日本海で等圧線が袋状に曲がっていて、JPCZの存在を示唆しています。

SPAS_2021010809.jpg

 地上天気図で等圧線の間隔が開いていることから分かるように、季節風は弱く——というか、内陸からの吹き出しています。
 0時の時点では、富山県内は風が内陸から吹き出しているのに対し、新潟県は北西風という、対照的な分布。

202101080000-00.png

 6時になると、新潟県は中越・下越は引き続き北西からの季節風ですが、上越は内陸からの吹き出しに変わっています。

202101080600-00.png

 北西季節風の範囲は12時にはさらに狭まり、下越限定。
 中越も内陸からの風に変わり、強めのエコー域は北へシフトしました。

202101081200-00.png

 18時には新潟市周辺も南よりの風に変化。
 下越も強めのエコー域は沿岸部に移ってきました。

202101081800-00.png

 この辺りの風の分布、強雪域は予測通りですが、降雪量が予測以上・・・。
 詳細に検討する時間がほしかったです。。

 エコーはこの後、いったん海上主体になり、新潟県内の雪は小康状態。ただ、正渦域通過とともに未明以降は南下し、平野部だけでなく、山沿いでも雪が強まる——。
 朝に組み立てた見解はこんな感じでしたが、はたしてどうなるでしょうか。

[9日1時追記]
 顕著な大雪に関する気象情報こそ発表されていませんが、とても小康状態とは言えない状況が続いています。

202101090000-00.png


 ※ 画像は気象庁HPから引用しました。


[1月16日1時追記]

 1月9日以降に発表された顕著な大雪に関する気象情報を追加。

 9日は福井県で発表されました。

顕著な大雪に関する福井県気象情報 第17号
令和3年1月9日14時04分 福井地方気象台発表

(見出し)
福井で9日14時までの6時間で25センチの顕著な降雪を観測しました。この強い雪は10日朝にかけて続く見込みです。嶺北の平地では、大規模な交通障害の発生するおそれが高まっています。

 10日は新潟県で発表されました。

顕著な大雪に関する新潟県気象情報 第16号
令和3年1月10日04時49分 新潟地方気象台発表

(見出し)
新潟県の観測によると、糸魚川市南押上で、10日4時までの3時間に26センチの顕著な降雪を観測しました。この強い雪は10日朝にかけて続く見込みです。上越の平地では、大規模な交通障害の発生するおそれが高まっています。

 一連の大雪での顕著な大雪に関する気象情報の発表は、福井県で3回、富山・石川・新潟県で2回ずつの計9回ということになります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント