*** 東北道で地吹雪による多重事故 (1/19) ***

 三日前(19日)、東北自動車道で多重事故が発生しました。
 地吹雪により、ホワイトアウトが発生していたと思われます。



 事故が発生したのは三本木PAと長者原PAの間で、最寄りのアメダスは古川。
 11時56分に最大瞬間風速27.8m/sを記録していました。
 登米市の米山では10時26分に最大瞬間風速23.7m/sを記録。
 統計期間は短いですが(2009~)、ともに1月の1位の記録を更新しています。

 天気図を見ると、低気圧が東へ抜け、高気圧は沿海州付近。
 コンパクトな西高東低で、等圧線の間隔が狭くなっていました。
 500hPaの流れは北西で、太平洋側で下降流が強まりやすい場です。

SPAS_2021011909.jpg

 この日の古川は未明~明け方に積雪深が5cm増え、12時現在は10cm。
 (13時に6cmまで減っているのは、風の影響・・・?)
 気温は朝からほどんど上がらず、-3.6℃でした。

 過去の事例はどうだったのか?
 上で触れたように、統計期間は短いですが、古川の最大瞬間風速トップ10のうち、今回をのぞく9事例は以下の通り。
 最大瞬間風速を観測した時刻の気温と積雪深を並べてみました。

  25.3 西北西 (2009/1/19)  21:00 1.3℃ 0cm
  24.9 西北西 (2010/1/26)  14:50 1.5℃ 0cm
  24.8 西北西 (2013/1/11)  12:40 -0.3℃ 0cm
  24.7 西北西 (2021/1/7)  20:20 -0.7℃ 14cm
  24.7 西   (2014/1/29)  01:00 -0.8℃ 0cm
  24.4 北西  (2015/1/20)  13:10 1.2℃ 0cm
  24.3 西北西 (2017/1/19)  08:10 1.9℃ 0cm
  24.0 西北西 (2019/1/11)  02:10 4.4℃ 0cm
  24.0 北西  (2015/1/18)  14:40 1.2℃ 0cm

 これを見ると、9事例のうち、積雪深のある状況で最大瞬間風速24m/s以上を観測したのは、今年の1月7日だけ。新たな積雪深の増加は2cmでした。
 ほかの8事例は積雪深は0cmで、気温は大半がプラス。
 今回のように新たな積雪深が多く、気温が低い事例はありませんでした。

 通常、地上の気温が低いと安定層が形成され、上空の強風が地上まで吹き下りてこないですが、今回は上も寒気が強かったので話は別。
 19日12時のMSMの解析値をみると、850hPa(1385m)の気温は-14.8℃で、地上(28m)気温-3.6℃との差は12.2℃。
 気温減率は0.83/100mと比較的大きかったことに加え、強い下降流があったため、上空の強風が吹き下りやすかったのでしょう。

 また、上の動画にあるように、地吹雪の発生条件は「新雪がある」「気温が低い」「風が強い」ですが、今回はすべて当てはまっていました。
 さらに、地形的な影響——というのは、こちらの記事でも言及されています。

  → 東北道事故 宮城県北部は地吹雪の常襲地帯 地形の影響も

 類似事例との比較検証が必要ですね。


  ※ 天気図の画像は気象庁のHPから引用しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント