『アクナーテン』 アガサ・クリスティー 中村妙子 訳 (クリスティー文庫)

 先週月曜日に買った3冊のクリスティーのラストは『アクナーテン』――。  『海浜の午後』と同じく戯曲ですが、舞台配置図がなく、ト書きが少なめ。  古代エジプトということもあり、ほかの戯曲とはだいぶ違った味でした。 古代エジプト第十八王朝の王アメンヘテプ四世(アクナーテン)は、勢力を増すアメン神の神官団排除のため、太陽神アテ…
コメント:0

続きを読むread more