『同級生』 東野圭吾 (講談社文庫)

 岩手から戻る車中に読んでいたのは、東野圭吾の『同級生』。
 370ページほどあるので、二日がかりのつもでしたが、車中で290ページほど進み、残りは約80ページ。
 帰宅してから、その勢いで読了しました。

IMG_20201015_171919.jpg

修文館高校三年の宮前由希子が交通事故死した。彼女は同級生・西原荘一の子を身ごもっていた。それを知った荘一は自分が父親だと周囲に告白し、疑問が残る事故の真相を探る。事故当時、現場にいた女教師が浮上するが、彼女は教室で絞殺されてしまう。著者のターニングポイントとなった傑作青春ミステリー。

 宮前由希子は三年二組、西原荘一は三年三組。
 クラスが違うのに「同級生」と呼ぶのは違うのでは? と思って調べてみたら、そうでもないようです。
  → クラスメート以外も「同級生」とする人が多数(毎日ことば)

 主人公・西原の視点で進んでいくストーリー。
 明らかに何かを隠しているのですが、終盤まで何を隠しているのかが分からず、いろいろ考えさせられました。

 それにしても、「事故当時、現場にいた女教師」の行動は飛躍し過ぎでは?
 その後に続く「同級生」の行動も現実離れしていて、予測不能。
 逆にいうと、これだけとっちらかっても、何だかんだでまとめてしまう・・・東野圭吾の凄さを感じました。

------------------------------------------------------------------------
序章  第一章  第二章  第三章  第四章
 あとがき
 解説 野間美由紀
     (1996年8月15日第1刷発行 2010年7月23日第50刷)
------------------------------------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント