『Number 1010』 (文藝春秋)

 今年10回目の帰省。
 読みかけの本はあったのですが、車中では寝てしまう可能性が高く・・・。
 なので、Keiyo Streetの書店で、平積みされていた一冊を買いました。
 最新の『Number』――。

 表紙は当然、藤井聡太二冠です。
 しかし、『Number』で将棋がメインで取り上げられる日が来るとは・・・!
 
IMG_20200904_232214.jpg

 藤井二冠だけでなく、十数名の棋士が登場。
 繰り返しになりますが、こんな日が来るとは・・・!

IMG_20200904_232309.jpg

 一つ一つの記事は短いですが、なかなか充実した内容。
 勝又七段のは図面・手順入りで、サッカーやラグビーに例えているとはいえ、かなり専門的。『将棋世界』に載っていても、おかしくありません。
 何度でも書きますが、こんな日が来るとは・・・!

 トリは佐藤和俊七段。
 『Number』らしく(?!)、文字通り疾走しているとは・・・!
 バックのビルに見覚えがあると思ったら、渋谷教育学園幕張高校でしたか。
 このアングル、後で確かめたいと思います。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント