『仮面山荘殺人事件』 東野圭吾 (講談社文庫)

 台風12号が関東に上陸するようであれば、あすのオフは潰れるかも・・・。
 オフが潰れなくても、きょうのうちに戻らなければいけないかも・・・。

 きのうの時点ではそう考えていましたが、幸い東へ逸れるコースに変化。
 当初の予定通り、千葉へ戻るのはあすになりました。
 ということで、今回の帰省の最後の夜は『仮面山荘殺人事件』。
 おとといの30ページから、残り250ページを一気読みで読了しました。

IMG_20200923_230616.jpg

 帯にはスカッとだまされてみませんかの文字。

 「犯人」は序盤で見当がつき、その通りでしたが、「犯人」と言ってよいのか? が難しいところ。
 何より、終盤のどんでん返しはまったくの予想外。スカッとだまされました。

 意味合いは違いますが、連想したのはオリエント急行殺人事件
 そういえば、第一章・・・ではなく、第一幕・・・でしたね。
 目次に注意していれば、気づけたかも・・・というのは、負け惜しみ。
 このスケールは想定外で、これはスカッとだまされるしかありませんね。。

--------------------------------------------------------------
プロローグ
第一幕 舞台  第二幕 侵入者  第三幕 暗転
第四幕 惨劇  第五幕 探偵役  第六幕 悪夢
  解説 折原一
(1995年3月15日第1刷発行 2009年12月1日第54刷発行)
--------------------------------------------------------------    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント