『宿命』 東野圭吾 (講談社文庫)

 二日連続の東野圭吾は『宿命』。  千葉に戻る車中で半分以上進んだので、帰宅してから勢いで読了しました。 高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。男の前に10年ぶりに現れたのは学生時代のライバルだった男で、奇しくも初恋の女の夫となっていた。刑事と容疑者、幼なじみの2人…
コメント:0

続きを読むread more