*** キロクアメ ギフ × 2 + キロクアメ フクシマ (8/3) ***

 きょうのキロクアメ――ということでタイトルに並べましたが、発表された時間帯はまったく違います。
 キロクアメ ギフが発表されたのは明け方のこと。

岐阜県記録的短時間大雨情報 第1号
令和2年8月3日03時58分 気象庁発表

3時40分岐阜県で記録的短時間大雨
垂井町付近で約120ミリ

岐阜県記録的短時間大雨情報 第2号
令和2年8月3日05時12分 気象庁発表

4時50分岐阜県で記録的短時間大雨
本巣市南部付近で約100ミリ

 キロクアメの発表は明け方でしたが、局地的な強雨はその雨から・・・。
 本巣市の山口では、0時までの1時間に101ミリの猛烈な雨。
 このタイミングでキロクアメは発表されなかったんですね。

gifu_yamaguchi.jpg
 レーダーエコー図は昨夜21時からけさ8時まで。
 21時にエコーはほぼなかったのに、夜遅くに急発達。北陸を通過した南北にのびるエコーに位相を合わせているかのように見えます。
 未明は少し弱まりましたが、明け方に再度発達。今度は西から進んできたエコーの前面で発達したかのように見えます。
 このエコーがさらに近づくと、西濃の強いエコーも東へ移動――という感じ。
 どのようなシステムだったのか、これだけでは分かりませんが・・・。

radar_20200803.gif

 いちおう3時の地上天気図を貼っておきますが、まるで分かりません。。

SPAS_2020080303.jpg

 きょうのキロクアメはこれだけと思っていたら、キロクアメ フクシマ――。
 きのうに続き、二日連続です。

福島県記録的短時間大雨情報 第1号
令和2年8月3日18時51分 気象庁発表

18時40分福島県で記録的短時間大雨
田村市付近で約100ミリ

 18時40分のエコーは弱かったので、10分前の18時30分のを――。
 ただ、この時点ではピークを過ぎていて、それより長野のエコーのほうが気になる感じです。
 いずれにしても、このスケールの現象を予測するのは難しく、大雨に関する福島県気象情報 第1号が出たのは、キロクアメ発表後の19時でした。

202008031830-00.png
 あすは久しぶりに西日本担当の予定でしたが、北日本担当にシフト変更。
 台風4号崩れが北海道にどのくらい影響するか、それが問題です。
 少しでもモデル間のぶれが小さくなればよいですが・・・。


 ※ レーダーエコー図は気象庁、天気図は北海道放送、
   山口の雨量データは川の防災情報のサイトより引用しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント