*** キロクアメ ナガサキ × 2 + キロクアメ サガ (7/6) ***

 半日前にキロクアメ ミヤザキをあげたので、きょう2度目のキロクアメ

 13時に出社し、夕方までは東北を担当。
 東海以西、特に九州に比べれば、オペレーションは非常に少なく・・・。
 というか、九州の降り方が尋常でなく、JARTICのサイトを見ていたら通行止めの区間が拡大。鳥栖JCTを含む黒十字は、かなりのインパクトでした。

 複数の観測地点で時間80ミリ以上の猛烈な雨を観測し、15時過ぎにはキロクアメ ナガサキが2回、キロクアメ サガが1回発表されました。

長崎県記録的短時間大雨情報 第1号
令和2年7月6日15時27分 気象庁発表

15時20分長崎県で記録的短時間大雨
大村市付近で約110ミリ

佐賀県記録的短時間大雨情報 第1号
令和2年7月6日15時36分 気象庁発表

15時30分佐賀県で記録的短時間大雨
鹿島市付近で約110ミリ
嬉野市付近で約110ミリ

長崎県記録的短時間大雨情報 第2号
令和2年7月6日15時36分 気象庁発表

15時30分長崎県で記録的短時間大雨
東彼杵町付近で約110ミリ


 またもや現れた、線状降水帯――。

202007061530-00.png

 福岡・佐賀・長崎の3県には大雨特別警報が発表されました。

記録的な大雨に関する福岡県気象情報 第6号
令和2年7月6日16時30分 福岡管区気象台発表

(見出し)
筑後南部に大雨特別警報を発表しました。筑後南部を中心に、これまでに経験のないような大雨となっています。何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当する状況です。命を守るために最善を尽くさなければならない状況ですので、最大級の警戒をしてください。

(本文)
なし

記録的な大雨に関する佐賀県気象情報 第7号
令和2年7月6日16時30分 佐賀地方気象台発表

(見出し)
佐賀県南部に大雨特別警報を発表しました。佐賀県南部を中心に、これまでに経験のないような大雨となっています。何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当する状況です。命を守るために最善を尽くさなければならない状況ですので、最大級の警戒をしてください。

(本文)
なし

記録的な大雨に関する長崎県気象情報 第5号
令和2年7月6日16時30分 長崎地方気象台発表

(見出し)
南部、北部に大雨特別警報を発表しました。南部、北部を中心に、これまでに経験のないような大雨となっています。何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当する状況です。命を守るために最善を尽くさなければならない状況ですので、最大級の警戒をしてください。

(本文)
なし


記録的な大雨に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第15号
令和2年7月6日16時30分 福岡管区気象台発表

(見出し)
福岡県筑後地方、佐賀県南部、長崎県南部、長崎県北部に大雨特別警報を発表しました。これまでに経験したことのないような大雨となっており、何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当する状況です。命を守るために最善を尽くす必要のある状況ですので、最大級の警戒をしてください。

(本文)
なし


記録的な大雨に関する全般気象情報 第11号
令和2年7月6日16時31分 気象庁予報部発表

(見出し)
福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報を発表しました。これまでに経験したことのないような大雨となっています。何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当する状況です。命を守るために最善を尽くさなければならない状況ですので、最大級の警戒をしてください。

(本文)
なし


 梅雨前線は朝に比べるとやや北上。
 非常に湿った空気の流れ込むエリアが北に広がった、とも言えます。

SPAS_2020070615.jpg
 夕方以降は北日本に加え、北陸の一部と東海を担当。
 岐阜県の雨量は予測よりやや少なめで経過しましたが、志摩半島~渥美半島のラインは逆に予測以上の強まり。
 あと1ミリで・・・というところで雨量ののびはストップ。
 ちょっと区切りがつかないまま、夜勤に引き継ぐことになりました。

 あすからは三日間の夜勤。
 デフォは北日本担当なので、リモートでもいけるボリューム。
 ただ、全国的な状況を考えると――ということで、出社する予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント