『クリスマス・プディングの冒険』 アガサ・クリスティー 橋本福夫 他訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 ブックオフで買った5冊のうちの4冊目は、『クリスマス・プディングの冒険』。
 いかにも季節外れで、先月読んだ『リスタデール卿の謎』でも、こんなことを書きましたが、見つけてしまったので・・・。

 そういえば、『ポケットにライ麦を』の中で、こんなことを書いていました。
 
 
6ペンスの唄』(Wikipedia)の詩の通りに進む見立て殺人。
 クリスティーはほかの2つの短編でも用いていますが、どちらの短編集も持っていないのは残念です。


 まったく意識せずに買いましたが、この短編集がそのうちの一つだったんですね。
 もう一つの二十四羽の黒つぐみが収められているのは、
クリスマス・プディングの冒険』なので、クリスマスが近くなるまで待ちます。。


 表題作は、イギリス人のクリスマスにかける情熱が伝わってきます。
 まさか、クリスマス・プディングから××が出てくるとは・・・!
 偶発的な出来事により、意図せざるで発覚――というのが、ひねりが効いていて、さすがです。

 ポアロ物5篇にマープル物1篇。
 Wikipediaを見て知ったのですが、完全な新作はクリスマス・プディングの冒険グリーンショウ氏の阿房宮だけなんですね。
 グリーンショウ氏の阿房宮は、本書で唯一のマープル物。
 よく似たタイトルのポアロ物の焼き直しと思っていたら、まったくの別物でした。
 よく似たタイトル=ポアロとグリーンショアの阿房宮
 よく見たら、氏の有無だけでなく、グリーンショウとグリーンショアの違いもありますね。

 これを含め、後半3作はかなりアクロバティック。
 ちょっと無理があるような感じがします。。

 最後の1冊になったのは、『死が最後にやってくる』。
 帰省前に読み終えるのが、目標です。

-----------------------------------------------
クリスマス・プディングの冒険
スペイン櫃の秘密
負け犬
二十四羽の黒つぐみ

グリーンショウ氏の阿房宮
   (1985年2月15日発行 1997年12月15日23刷)
-----------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント