*** dg将棋 2020年2月終了の対局 その2 ***

 2月に終了した8局のうち、後半4局を――。

 前半4局をあげたのは4日のことで、この時に 2月終局の残り4局は、あすかあさってにアップ出来ればと思います。 と書いていたのですが・・・。
 予定よりだいぶ遅くなりました。。

 1局目はAさんと4回目となる対戦。
 4局連続となる四間飛車に対し、斜め棒銀から▲3五歩と押さえる亜急戦。
 Aさんに錯覚があったようで、4筋の歩を取り込めたのは大きな一手。
 以下、飛車のコビン攻めから優位を拡大し、短手数で勝つことが出来ました。



 2局目はTさんと去年1月以来、9回目の対戦です。
 Tさんの三間飛車は4回目で、こちらは4回目となる△6五歩からの仕掛け。
 △8六歩に対し、▲同角・▲同歩▲同歩ときて、今回は2回目の▲同角。
 ▲8六歩~▲8七銀が珍しい構想ですが、銀が一枚離れるので・・・。
 こちらも薄い玉形で恐いですが、4四桂を取り切って優勢を意識しました。
 さらに8七銀も取り、駒得を拡大。うまく指せた一局です。



 3局目はSさんと今月2局目、19回目の対戦。
 Sさんは何をやってくるか分からないので、慎重に駒組みを進めました。
 玉頭に位を取り不満なしと思っていたら、それを目標に飛車を転換。
 これは想定内でしたが、△9二香には驚きました。
 ただ、さすがに無理で、玉頭の小競り合いがそのまま致命傷に・・・。
 これも短手数での終局となりました。
 



 4局目は1局目と同じAさんと、5回目の対戦です。
 5局目にして、Aさんが初めての三間飛車選択。そして、初の穴熊。
 こちらは銀冠穴熊を目指すつもりでしたが、35手目▲6八角に思わず長考。
 石田流からの仕掛けに対し、穴熊に組むのは間に合うのか・・・?
 と思っていたら、Aさんは数手後に▲8八飛。一安心しました。
 5筋から自然に仕掛けることが出来、不満のない展開。
 相手の錯覚もあり、これも短手数での終局となりました。



 3月はこれまで5局終了し、現在、4局進行中。
 4月はいろいろ慌ただしいので、あげるのは5月以降になりそうです。

 そして、市川市内の公民館は5月6日までの休館延長が決定。
 しばらくはリアルで指せず、dg将棋で指すしかありませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント