『死への旅』 アガサ・クリスティー 高橋豊 訳 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 先月の帰省時に持ち帰ったクリスティー3冊。『パーカー・パイン登場』・『シタフォードの秘密』に続き、最後になったのは『死への旅』。  以下は、カバーにかかれているあらすじです。 東西の冷戦下の西側陣営において各国の重要な科学者、医師、弁護士などが次々と謎の失踪を遂げていた。そしていま、ZE核分裂という新しい原子力に目ざましい成果…
コメント:0

続きを読むread more