*** キロクアメ トツトリ (9/10) ***

 関東南部に猛烈な風をもたらした台風15号は、日本の東海上で15時に温帯低気圧に変わりました。
 ちなみに、天気図の右上、中心は見えていませんが、前線の先にあるのは台風13号から変わった低気圧。
 さらにちなみに、天気図の下、中心は見えていませんが、熱帯低気圧が大きく渦を巻いています――。

 ●地上実況天気図 9月10日15時        ●AXFE578 9月10日9時
SPAS_2019091015.jpg

 500hPaの高度場は高く、南岸には5940mラインがかかり、5880mラインは朝鮮半島~日本海~東北北部。暑いわけです。。
 季節外れの高温と湿った空気の影響で大気の状態は不安定。
 地上風の収束域を中心に対流雲が発達し、キロクアメ トツトリが――。
 地上天気図やAXFE578だけでは説明が難しい事例です。

----------------------------------------------------
鳥取県記録的短時間大雨情報 第1号
令和元年9月10日15時27分 気象庁発表

15時鳥取県で記録的短時間大雨
倉吉市付近で約100ミリ
----------------------------------------------------

 鳥取中部には小規模ながら、強いエコー。ただ、このスナップショットなら、兵庫県中部や大阪・京都の府県境のエコーのほうが強いですね。

201909101500-00.png

 もっと早くアップすることも出来たのに、こんな時間になったのは、最悪、関東で発表されるかもしれないと思ったから・・・。
 下は東京電力のサイトから引用した、19時~22時の落雷情報。

 ●19時               ●20時
21_101900.gif21_102000.gif

 ●21時               ●22時
21_102100.gif21_102200.gif

 きのうの朝は目先の台風で手一杯。翌日(きょうのこと)について検討不足だったのは否めませんが、ここまで落雷が発生するとは思いませんでした。しかも、関東北部だけでなく、南部まで・・・。
 あさって出社したら、資料の再検討ですね。。

  ※ 天気図・レーダーエコー図は気象庁HPから引用しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント