『非実力派宣言』 森高千里 (ワーナー・パイオニア)

 きのうはリリースされたばかりの柴田淳の『おはこ』について書きましたが、きょうは対照的に30年前!
 森高千里の『非実力派宣言』です。

moritaka_hijitsuryokuha.jpg 17才(カーネーション・ヴァージョン)
 これっきりバイバイ
 だいて
 非実力派宣言
 今度私どこか連れていって下さいよ
 はだかにはならない
 私はおんち
 しりたがり
 若すぎた恋
 A君の悲劇
 夜の煙突
 その後の私(森高コネクション)
 夢の中のキス
 17才(Orange Mix)
           (1989/7/25)

 このジャケットは見覚えがありますが、知っている曲は17才だいてだけ。先週帰省した時、弟のCDボックスから拝借しました。
 何というか、弾け方が半端ないです。非実力派宣言』のタイトルからして、ある種の覚悟が必要なわけで、弾けているのも当然でしょうか。ドライブのBGMとして聴いただけなので、詩の世界も鑑賞しないといけませんね。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

navarea11
2019年07月27日 00:56
古いなあー。確か1989年か1990年代の初めの方だったような記憶が。
世代がバレそうですが、「17歳」は最初、南沙織が最初だったかと。南沙織の17歳と比べると、テンポが速くなっていると思います。測定しているわけではありませんから、店舗が配下は分かりませんが。
今聞くとしんどいんですよね。
たかはし
2019年07月31日 21:21
森高千里の「17才」は1989年です。南沙織が歌っていたことは、後から知りました。
ちなみにシングル「17才」のB面は森高千里自信が作詞した「20才」。1989年に20才――は私と同じ。年がばれますね。。