*** 第63回 箱根名人戦将棋大会 ***

 きのう、これから箱根と書いたのは、きょう行われた箱根名人戦参加のため。
 3週連続で将棋を指すのは久しぶりですが、残念な結果でした。

 予選1局目は名前を聞いたことがある女流強豪――というか、女子中学生でした。
 経験が少ないと思われる風車を採用し、久しぶりに対イビアナを指すつもりが、△7二飛。
 △6四歩を突いていないので、角交換を挑みたくなりますが、その後の具体的な指し手が・・・。
 相手の経験が少ないと思われるとはいえ、こちらも最近は風車を指していなかったです。
 角銀交換から▲7五銀は筋悪、かつ無理筋。
 以下も見落としがいくつかあり、五十男、十五女子に惨敗でした・・・(自虐)。


 予選2局目は年配の方で安心――ですが、端歩突きから入る不穏な序盤。
 何が飛んでくるか心配していたところ、角交換振り飛車穴熊に落ち着きました。
 ただ、端を突き合っているのがいかにも不自然で、これをとがめるべく逆棒銀に。
 自陣角+左桂、さらに飛車の転換も実現し、結果的には快勝でした。
 とはいえ、指している時はあまり自信なし。
 正確に受けられていたら、攻め切るのは難しかったかもしれません。


 予選3局目は数年前、社団戦で飛ばされた強豪Wさん。
 1勝1敗同士で当たる相手ではありません。
 唯一の好材料(!?)は3局連続となった先手番でしたが、相雁木から光速の千日手。
 好材料はあっという間に消えました。
 残り時間はこちらが2分に対し、相手は10分以上あるし・・・。

 指し直し局、社団戦で飛ばされた風車、千日手となった雁木を避けるとすると・・・。
 残るは右玉ですが、早めの▲3七銀を見て、三間飛車に変更しました。
 ・・・が、急戦模様は仮の姿。
 こちらの指し手がおとなしすぎたようで、存分に組まれてしまいました。
 それでも桂交換から△9四桂と設置し、だいぶ差が縮まった感じ。
 ただ、92手目△7二玉がよくなく、▲8三歩~▲8二銀で食いつかれました。
 △7二玉では、単に△8六桂~△8五銀のほうが難しかったようです。
 いったん食いつかれると粘りようがなく、投了。
 残念ながら1勝2敗で予選落ちとなりました。


 予選敗退でやることがなくなったので、昼食。
 4回目の参加にして、初めて花月園のカレーを食べました。
 (2年前も予選落ちで時間があったはずですが・・・)

 さらに、少しだけ外を歩きました。
 花月園の庭園の入口からの一枚――。

画像

 拡大すると・・・。
 富士山を撮ったのも、4年目にして初めてのような・・・。

画像

 会場に戻り、勝ち残ったAさんの将棋を観戦。
 準決勝は相手に攻めをうまくつながれてしまい・・・(風車はなかなか幸せになれません)。
 3位決定戦は面白い終盤でしたが、惜しくも敗れ4位でした。

 予選敗退なのに3局並んだのは、スマホにぴよ将棋をインストールしたから。
 棋譜解析はそれなりに時間がかかりそうですが、どのくらい使えるのか試してみます。
 ちなみに、1局目を途中まで解析させたら、17手目▲4八銀が「疑問」と評されました。
 風車全否定なのですが、どうしたらよいのでしょうか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック