*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.27 ***

 おととい、ちょうど20年前にリリースされた『無罪モラトリアム』について書きました。
 関連して・・・というわけでないですが、ちょうど20年前に詰パラに掲載された詰将棋――。

 ●詰将棋パラダイス・1999年2月号 大道棋教室 第1番

 双玉ですが、変化・紛れがほとんどなく、易しいです。
 正解は20行後――。



















   ▲2三桂 △1二玉 ▲2一銀 △同 玉 ▲3一桂成 △1一玉
   ▲3二玉 △2二金 ▲同角成 △同 銀 ▲2一成桂 △1二玉
   ▲2二成桂 △1三玉 ▲1四金 △同 玉 ▲2三銀 △2四玉
   ▲3三銀  △1三玉 ▲1二成桂   まで21手詰


 18手目△2四玉のところ、△1三玉でも同手数となるのが難点。
 以下、▲1二成桂△2四玉で、1三・3三のどちらから銀を打っても詰み。
 なので、△2四玉と逃げてほしい――という希望限定です。

 ほかは、特に記すべき変化・紛れはありません。
 詰パラ5月号に掲載された解説文から、一部引用しておきます。

 作者―いきなり▲3二玉では金が足りなくなるので、
  銀を捨てて成桂を作ってから△3二玉とするというのが狙いです。
 ☆作者の言葉で言い尽くされています。途中図からの手順で▲1四金が光っていますね。


 20年前の詰パラ入選作について最後に書いたのは、1996年4月号の作品。

   備忘録を兼ねて・・・?!
   次は7月です。。


 ここまで具体的に書いていたのに、すっかり忘れていました。
 ほぼ3年経ち、5作品を飛ばしてしまったことになります。
 これらは「25年前」の作品として、いずれ――。

 20年前の入選作、次は忘れません。
 同じ1999年2月号、同じ大道棋教室なので・・・。

 2月中に――というか、あと2日しかないんですね。
 早すぎます。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

EOG
2019年02月27日 15:48
18手目は13玉でなく24玉では?
たかはし
2019年02月27日 20:17
ご指摘ありがとうございます。
某ソフトが示した手順をそのまま載せていました。
その後の数行も誤っていたので、訂正済みです。

この記事へのトラックバック