Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『七福神殺人事件』 高木彬光 (角川文庫)

<<   作成日時 : 2018/10/28 08:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きのう、千葉へ戻る車中で読んでいたのが『七福神殺人事件』。
 『恐山殺人事件』・『殺人列車への招待』に続く、1989年のカドカワ・ミステリーコレクションです。

 もっとも私が買ったのは1991年の4版なので、この帯はなかったはず・・・。
 画像はAmazonからの引用です。

画像

 それにしても、この表紙はどう見ても藤田まこと(女性は浅野ゆう子っぽい・・・)。
 当時、ドラマ化されたのかと思ったのですが・・・。

 Wikipediaで神津恭介を演じた俳優を見ると、映画では河崎保(ただし、1951年!)。
 テレビドラマでは津川雅彦・近藤正臣・村上弘明・片岡愛之助。
 藤田まことの名前はありませんでした。
 これは謎ですね。。

 「七福神を殺す」の予告で始まる連続殺人事件。
 『殺人列車への招待』以上に、『ABC殺人事件』を思い起こさせました。
 結末はちょっと違和感ありますが、神津恭介も年をとったということなのでしょう。
 もっとも、神津恭介シリーズ――というか、高木彬光はこれ一冊しか読んでいません。
 せめて、『刺青殺人事件』は読まないとダメですね。


-----------------------------------------------------------------------------
 一 "七福神"の名付け親  二 謎の予告状  三 布袋殺人事件  四 空振りした初動捜査
 五 恵比寿殺人事件  六 殺人妄想狂  七 毘沙門天殺人事件  八 混迷する捜査活動
 九 もう一つの疑惑  十 弁財天殺人事件  十一 大黒天殺人事件  十二 はがされたベール
 十三 寿老人も殺された  十四 福禄寿の最期  十五 遺言状を焼くのだ
   解説 宗肖之介

-----------------------------------------------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『七福神殺人事件』 高木彬光 (角川文庫) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる