Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか』 古田靖 (河出書房新社)

<<   作成日時 : 2018/09/07 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きょう公開の『泣き虫しょったんの奇跡』。
 原作はもちろん、瀬川五段の『泣き虫しょったんの奇跡』(講談社)ですが、外せないのがもう一冊――。
 試写会で配布されたパンフレットには、「脚本協力」として古田靖 「瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか」のクレジットがありました。

 カバーには瀬川五段の写真。
 帯には僕の知らなかった「真実」がここにあるという、瀬川五段の言葉。
 本人とは違った視点で、奇跡が起こるまでの過程が描かれています。

 映画では役名がない「中堅棋士」「関西棋士」などのセリフは、本書をもとにしたのかと・・・。
 「脚本協力」とされている理由が分かる箇所がいくつかありました。
 同じく映画では役名がない「会長」ですが、実際に米長会長が果たした役割は小さくありません。
 ただ、当時は会長選挙を巡るやりとりや理事会内の考え方の違いも絡んでいて、ストーリーに落とし込むには複雑すぎる(!?)背景もありました。
 映画では名もなき「会長」になってしまうのも、仕方がないでしょう。

 そして、遠藤氏・西條氏とともに大きな役割を果たしていたのが野月七段。
 映画では該当する人物は登場しません。
 これもストーリーに落とし込むには難しく、やむを得ないのかもしれません。

 奇跡が起こる過程が丁寧に描かれていますが、207ページに掲載されている写真のキャプションが・・・。

画像

 中井女流六段と対戦したのは第3局ではなく、第4局。
 ここだけは残念です。。

-----------------------------------------------------------
序章  挫折    第一章 始動   第二章 嘆願   第三章 思惑
第四章 説得    第五章 採決   第六章 挑戦   第七章 試練T
第八章 試練U   第九章 結実   終章 奇跡
           (初版印刷 2006年3月20日 初版発行 2006年3月30日)

-----------------------------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか』 古田靖 (河出書房新社) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる