Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** ずぶ濡れ その2 ***

<<   作成日時 : 2018/09/18 15:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きのうは19時からの夜勤でした。

 下は出かける20分ほど前に見た降水ナウキャスト。
 18時10分初期値の18時45分の予想ですが、絶望的な・・・。

画像

 当然ながら、会社までの20分弱でずぶ濡れになりました。
 これほどずぶ濡れになったのはいつ以来でしょうか?

 出社して、さっそく水防オペレーションのフォロー。
 世田谷・品川〜浦安周辺にライン状の強い雲がかかり、時間50ミリ以上の非常に激しい雨。
 局地的には時間80ミリを超える猛烈な雨が観測されました。

 とはいえ、キロクアメ キシヨウが発表されるほどではなく・・・。
 そんなわけで、こんな中途半端な(?!)タイトル――。
 ちなみに、*** ずぶ濡れ *** のエントリーは12年前のこと(2006/9/26)。
 総観場はまったく違いますが・・・。

 話を戻し――、下は17時から23時のレーダーエコー図をつなげたもの。

画像

 天気図には前線が描かれていませんが、等圧線の形から、関東地方は明らかに気圧の谷。
 寒気を伴ったトラフが接近している時間帯でした。

 ●地上実況天気図 9月17日18時                 ●AXFE578 9月17日21時
画像

 トラフはAXFE578ではちょっと分かりにくいですが、水蒸気画像(図は19時のもの)の暗域が明瞭です。

画像

 雨雲が発達した要因としては、地上風の強い収束があげられます。
 都内では千葉県からの東風、相模湾からの南風、埼玉県からの北西の風がぶつかっていました。
 さらに、きのうは最高気温が30度を超えた所が多く、熱的要因も効いたのでしょう。

画像

 地上風の収束域は数時間変化がなく、上空の西よりの風に流され、強い雨雲が同じエリアにかかり・・・。
 このため、可降水量を超える時間強度になったと考えられます。

 関東地方はきょうも大気の状態が不安定。
 昨夜見たMSMでは、都内で時間50ミリ以上の強雨を計算していました。
 これは昨夜を対象とした降水量よりかなり強め・・・。

 上空の寒気はきのうより強いですが、地上気温はきのうほど上がっていません。
 昨夜と同等レベルなのか、そうでもないのか、判断が悩ましいところ。
 どちらにしても、まずは出社時にずぶ濡れにならないことを願うばかりです。。


  ※ 画像は気象庁のHPより引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** ずぶ濡れ その2 *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる