Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS *** キロクアメ コウチ (9/13) ***

<<   作成日時 : 2018/09/13 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 下はきょう15時の地上実況天気図。
 東海上の高気圧は北に偏った形で西に張り出し、ほとんどのエリアは秋雨前線北側の涼しい空気の圏内。
 キロクアメが発表されるようなパターンに見えませんが・・・。

画像

 夕方に発表されたのはキロクアメ コウチ
 キロクアメ自体が意外なうえ、閾値の高い高知からというのがさらに意外でした。

---------------------------------------------
高知県記録的短時間大雨情報 第1号
平成30年9月13日16時29分 高知地方気象台発表

16時20分高知県で記録的短時間大雨
土佐清水市付近で120ミリ以上

---------------------------------------------

 対象は土佐清水市付近。
 小規模ながら、高知県の西部には強いエコーがかかり続けていました。

画像

 キロクアメ コウチは意外と書きましたが、高知県西部と九州だけは秋雨前線の南側。
 大雨と落雷及び突風に関する高知県気象情報には次のようにありました。

   西日本に停滞している前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、
   高知県では大気の状態が非常に不安定となっています。


 大気の状態が不安定で、下層では東〜南東の風が卓越。
 高知県は西部を中心に雨雲が発生しやすいパターンだったということですね。

 上のエコー図では、山口・島根県境の沖合いに小さな強いエコーがあります。
 このエコーはこの後、強まりながらエリアを拡大しつつ東進。
 18時過ぎからは浜田市付近にかかり、時間60ミリ前後の非常に激しい雨を観測した所がありました。
 浜田道では危うく通行止め基準値を超えそうなくらいの強度になり・・・。
 これはもはや前線の北側・南側で説明出来る話ではありません。

 毎時大気解析では、予想より下層の収束が強かったことは分かりますが・・・。
 ショートトラフが通過中だったことも言えますが・・・。
 範囲は狭くても、難易度の高い現象が続いていますね。
 (「範囲は狭くても」ではなく、「範囲が狭いから」こそ難易度が高い、のほうが適当でしょうか)

 あすはいったいどんな現象が・・・。
 あまり天気図を見る余裕はなさそうですが、見逃さないようにしたいです。


  ※ 画像は気象庁HPから引用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
*** キロクアメ コウチ (9/13) *** Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる