Untidy Bookshelves

アクセスカウンタ

zoom RSS 『空想自然科学入門』 アイザック・アシモフ 小尾信彌/山高昭 訳 (ハヤカワ文庫)

<<   作成日時 : 2018/08/09 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2ヵ月前から何度か読みかけの本として登場したのが、アイザック・アシモフの『空想自然科学入門』。
 再読完了してから一週間以上経過したものの、なかなか手がつかず・・・。

 前回の再読は去年の6月。
 下の画像だけで、タイトルも入れずに保存したまま、放置していました。
 最終保存時刻は2017/06/28 21:04――。

画像

 この画像は140ページの記述。
 誤りは水素1/10の部分で、正しくは水素1/0
 そうでなければ、カッコ内のゼロを偶数と呼ばせていただくと整合しません。

 ちなみに、"/"の前の数字は陽子、後ろの数字は中性子の数。
 陽子1/中性子1の水素は、陽子1/中性子0の水素に比べ、1対10000の割合でしか存在しないことを示した文章です。
 陽子/中性子を奇数・偶数で分類すると、偶数/偶数の同位元素が圧倒的に多く、奇数/奇数の組み合わせは圧倒的に少ないことを示した、第二部・7の偶数が勝ち
 なぜなのか分かりませんが、そもそもこんなことを考えたことがありませんでした。

 生物学/化学/物理学/天文学と、いちおうの分類はあるものの、その枠にとらわれない発想。
 あまりに自由すぎて、私の手には・・・というのが、読んでもレビュー出来なかった理由です。

 ちゃんとレビュー出来るようになる目処が立たないので、とりあえずのリリース。
 何か書けるようになったら、これに追記するか、別の記事にまとめます。。

-------------------------------------------------------------------------------------
 はじめに
第一部 生物学
 1 まあその辺の大きさだ  2 卵とチビ  3 これが生命だ!  4 われわれの知らないようなやつ
第二部 化学
 5 完全無欠な元素  6 秤りっこ  7 偶数が勝ち
第三部 物理学
 8 ほら、聞いてごらん!  9 極小の時間単位  10 お静かに! お静かに!
 11 現代悪魔学  12 上はどこまで高いか
第四部 天文学
 13 熱いやつ  14 惑星調理法  15 トロイの墓場  16 もちろん、木星だとも!  17 表面的にいえば
   訳者あとがき
               (1978年4月15日発行 1994年4月30日17刷)

-------------------------------------------------------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『空想自然科学入門』 アイザック・アシモフ 小尾信彌/山高昭 訳 (ハヤカワ文庫) Untidy Bookshelves/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる