『流星 お市の方 (上)』 永井路子 (文春文庫)

 おとといから読み始めた『流星 お市の方 (上)』を読了。
 宇都宮線の車中では終わらず、小山駅でした。

 上巻は姉川の戦いの直前まで。
 小豆の袋はエピソードとしては知っていますが、いつのことだったのか?
 朝倉攻めの時だったんですね。

 4年ぶりの両毛線。
 下巻は後で・・・景色を見ながら・・・。
 ボックスシートでないのが、残念です。

 小山の次は思川。
 某観測局しか思い浮かびません。。

--------------------------------------------------------------
黒い瞳/寒雲/血しぶき/蝮の娘/砂塵巻く/敵また敵/ものかは/
骨肉/権六/奇蹟/永禄の春/鷹/布武の季節/嫁ぐ日/近江路/
光る湖/見えざる鍼/雪の日の使者/小豆の袋/城下の炎/烈日の白刃
             (1982年9月25日第1刷 1987年9月15日第6刷)

--------------------------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック