『中田章道実戦型詰将棋作品集』 中田章道 (将棋世界・平成30年5月号付録)

 きのうは今年度初となる太陽研の例会でした。
 10日以上前に届いたアマレン・将棋世界の封を切って持参。
 電車の中で、将棋世界の付録を数問だけ解きました。
 最新号の付録は『中田章道実戦型詰将棋作品集』。
 もっと早く封を切り、解いておくべきでした・・・。

 ・・・と痛切に思ったのは、1局目に簡単な9手詰を逃した時・・・

 きのう帰ってから数問解き、No.21まで終了。
 きょうは昼休みに8問、帰宅してから10問解き、いちおう完了。
 もっとも印象に残ったのは、No.25。「勝浦手筋」というんですね。
 勝浦九段の文庫は2冊持っていますが、この筋はあったかどうか・・・。
 このほかにも、No.24・No.32・No.33など、綺麗過ぎる手順の作品がかなりありました。
 実戦で玉形を持っていて詰まされたら、かなり辛いものがありますが・・・。

 「いちおう完了」とはいえ、No.31は合駒を間違え、No.36は飛車を近くに打ってしまうというポカ。
 細かなところが抜けていて、トレーニング不足を実感しました。
 (そりゃ、簡単な9手詰を逃すわけです・・・)

 詰将棋解答選手権に出られなかったのは仕方がないですが、詰将棋はコンスタントに解かないとダメですね。
 将棋世界の付録では、1月号付録の『7棋士が競演! 若手棋士の詰将棋』がまだでした。
 まずは、これからチャレンジしますか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック