*** 社団戦、2日目 (2017/7/30) ***

 きのうは社団戦の3日目でした――が、その前に先月の2日目の棋譜をあげておきます。

 2日目といっても、初日に参加出来なかった私にとっては今年初。
 2009年に初めて参加して以来、初日に出られなかったのは初めてで、ちょっと不安が残る参戦でした。

 初戦は六将戦。
 最初ということで(?)、まずは風車を採用。
 相手は当然、イビアナと思ったら、意外なことに銀冠を指向。
 それなら、とりあえず4筋の位を取ろうと思ったら、42手目△4五同銀!
 桂を取り返しながら△4五歩の形になると、△4六桂の王手飛車があります。
 軽視していましたが、これは困りました。。
 苦し紛れの▲9五角以下に△8六歩~△6五歩は歩切れが解消されるので、ちょっと意外。
 とはいえ、正確にとがめられるはずもなく、なんだかんだで挟撃形を築かれてしまいました。
 苦し紛れの(・・・こればっかり・・・)▲8九香に△8七歩とつながれていたら、指し手が分からなかったです。
 本譜は一瞬の隙をついて、玉を逃げ出し、急転直下の勝ちになりました。


 2局目は七将戦で、局後に聞いたら、中三でした。。
 それだけなら珍しくもありませんが、偶然にも最寄駅が同じで、同じマンション群。
 それだけなら珍しくもありませんが(・・・そんなことはない・・・)、同じマンションでした。。
 こんなこともあるんですね。。

 将棋は風車を指そうとしていたら、相手は5筋を突かずに左美濃+3七銀。
 よく分かりませんが、最近の流行っぽい形ではあります。
 とりあえずの角交換から、飛車側を盛り上がる方針で行くことにしました。
 48手目は△3九角を打つべきか迷いましたが、誘いの隙のような気がしたので、見送り。
 自陣角の打ち合いは得をしているのか分かりません。
 こちらの角のほうが目標になりそうで・・・。
 ただ、角頭に手をつけたのが早すぎで、△9三角から活用出来たのは望外の展開。
 最後は差がつきましたが、だまって銀冠に組まれていたら、こちらが困っていたと思います。


 3局目は六将戦で、相手は角頭歩!
 角道を止めるは迷いませんが、向かい飛車への対応策が分かりません。
 それでも、角交換から、いつもような形になって一安心。
 長い中盤戦で少しリードしたはずも、こちらの玉も薄く、嫌な形でしたが・・・。
 相手にちょっとしたミスが出て、2手スキ+飛車取り→ほどけない詰めろという理想的な展開。
 何とか勝つことが出来ました。
 棋譜が途中までしか並ばないのが残念です。


 どこかで空き番になるはずが、3連勝だったので4局目も六将戦を指すことになりました。
 懲りない風車に対し、相手はイビアナ。
 33手目▲3八飛に、△4五歩~△5五歩が動きすぎで、△7三桂とすべきでした。
 本譜の△4三銀までの手順は『中飛車ガイド』で見た筋ですが、イビアナ相手にやってはダメです。。
 あっという間に形勢を損じ、サンドバッグ状態に・・・。
 どうしようもありませんでしたが、団体戦なので投げるわけずにもいかず・・・。
 指し続けていたら、なぜか逆転。
 イビアナ相手のこのような逆転はあまり記憶にありません。
 FBに投稿した画像を貼っておきます(左が必敗図、右が投了図で、後手が私)。

画像



 チームは2-5、4-3、5-2、3-4の2勝2敗で、通算3勝5敗。
 1日目が終わった時点の12位から9位に順位を上げました。
 降級は遠ざかりましたが、昇級はまるで見えず・・・数年前に比べるとレベルが上がっている感じです。

 きのうの将棋は4局中、3局並びましたが、1局目が・・・。
 再現出来たらorあきらめたら、エントリーします。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック