『ローマ人の物語 27 すべての道はローマに通ず〔上〕』 塩野七生 (新潮文庫)

 今年6回目の帰省は、行きも帰りも『ローマ人の物語』の第27巻。
 カラー写真が30ページほどあり、読む部分はそれほど多くないのですが、断続的に寝てしまったので、時間がかかりました。

 先ほど、宇都宮を出たところ。
 あと1時間半くらいは車中なので、第28巻をいけるところまで。
 あすの6時出社は当然のごとく、5時早呼びに。
 一本早いのに間に合ったのは、不幸中の幸いでした。

-------------------------------------------------------------------------
はじめに
巻末カラー イタリア本国のインフラ
第一部 ハードなインフラ
  1 街道  2 橋  3 それを使った人々
                               (平成18年10月1日発行)

-------------------------------------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック