*** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.20 ***

 「ちょうど20年前」――の次は「20年と1ヵ月前」。

 先月末にエントリーした *** 詰将棋パラダイス・入選作 NO.19 ***
 その最後でこんなふうに書きましたが、その続きです。

   月末ギリギリに間に合った! と思ったら、1996年1月号にはもう1問採用されていました。
   前にエントリーしたような気もしますが、まだだったので、これは来月・・・。


 詰将棋パラダイス・1996年1月号に採用された「もう1問」は、下の詰将棋。
 桂香がないとはいえ、面食いの方にも満足いただけるであろう、美しい初形です。

 ●詰将棋パラダイス・1996年1月号 詰将棋デパート③

 ・・・とはいえ、手順を美しいと感じてもらえるかは、まったく別の問題。
 例によって、合駒入りなので、ややこしいかもしれません。





 正解は20行後に――。



















   ▲9四桂  △7一玉  ▲9一飛  △8一銀打 ▲8三桂  △同 銀
   ▲8一飛成 △同 玉  ▲8二飛  △7一玉  ▲6二銀  △同金直
   ▲同角成  △同 金  ▲8一飛成 △同 玉  ▲8二金   まで17手で詰み


・2手目△9一玉は▲9三飛で、9二に何を合駒するかが問題。
 1)△9二角は▲8三桂△同銀▲9二飛成△同玉▲9一飛△同玉▲7三角打以下。
 2)△9二金・△9二銀は▲同飛成以下。
 3)△9二桂・△9二香・△9二歩は▲8三桂△同銀▲8一飛△同玉▲8三飛成以下。
・4手目△8一歩は▲8二桂成△同玉▲9二飛打△7一玉▲8三桂△同銀▲9三角成まで。
 この変化が一番見えづらいかもしれません。
・10手目△9一玉は▲9二飛成以下。

 小林徹氏の「作者のセンスの良さを感じさせる一作です」は、うれしい評でした。
 担当の山下氏からも「デパート出品は作者の御氏名です。センスがいい」のお言葉。
 センスはありませんが、評価を競う作品でないと思い、デパート向け以外の投稿は考えませんでした。
 ほかの作家の方だと、どういう判断になるのでしょうか・・・。

 昨年12月の「太陽研十五周年の集い」の打ち上げの席――。
 Cさんから詰将棋の出題を求められ、メモ用紙に書いて渡したのがこの問題。
 紛れが少ないとはいえ、数分で解かれました。
 さすがというほか、ありませんね。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック