*** 社団戦、4日目 (2015/8/30) ***

 あさっては社団戦最終日ですが、その前に団体個人戦の棋譜をあげておきます。
 団体個人戦が行われたのは先月30日。
 太陽研の8月例会は2日だったので、だいぶ間が空きました。
 しかも、その間はバタバタしていて将棋どころでなく、正直、一つ勝てればという感じでした。

 エントリーしたのは「一般」で、4組に入りました。
 そして、目の前に座っていたのは太陽研で指したことのあるAさん。
 これだけの人数がいるのにどうしてこうなるのか・・・。
 エントリー表を見ると、高校選手権の団体戦決勝で惨敗を喫した方の名前もあるし・・・。
 幸い(?)この方は不参加だったようですが、調整を行った後も、相手は変わらず1局目開始。

 太陽研の例会でどんな将棋を指したかは忘れましたが、Aさんの振り飛車に対し、左玉だったような・・・。
 どちらにしてもネタはばれているわけで、何だか面妖なオープニング。
 ただ、相手の歩越し銀を7七に引かせたのがちょっとしたポイント。
 中央から仕掛けの糸口をつかみ、指しやすさを感じました。
 そうはいっても、62手目の△2五歩はかなり感触の悪い手。
 こちらの言い分が通った展開になりましたが、本当のところはどうだったのか・・・。


 一つ勝って気が楽になりましたが、二局目の相手は小学生。
 ここ数年、子供には負け続けているので、嫌な予感が・・・。
 子供相手には善悪はともかく、風車っぽく指すしかありません!?
 経験が少ないだろうから、イビアナを採用するはず。
 一局目はゴキゲンとの相穴熊をやっていたし・・・と思ったら、△7四歩!
 これにはかなり動揺しました。

 それでも、64手目△8一飛と引かせた局面は少しよいと思っていたのですが、▲7三歩が緩手。
 △6七角はまったく読んでいなくて、さらに動揺。
 攻め駒を責めようと思っていたのに、まったく違う展開になってしまいました。
 ただ、相手の攻め急ぎもあり、なぜか混戦に・・・。
 最後はと金攻めが間に合い、勝てました。


 望外の連勝でしたが、3局目はひどかった・・・。
 相手の三間飛車に左玉を採用したのですが、4筋の位を取れなかったのが痛かった・・・。
 というか、オープニングがいかにもなので、バレバレでした。。
 退廃的な駒組みで、仕掛けられたところではもはや全然ダメ。
 相手が角をただ捨てしてくれるというボーナスがあり、面白い終盤戦になりましたが寄せが分からず・・・。
 打った歩を捨ててやり直そうとしたものの、一歩が足りないという・・・。
 あの歩を打っていなければ逆転していました。。
 しかし、問題はその前なので、どうしようもありませんね。

 2-1で最後の4局目。
 この日2局目の風車採用で、相手はイビアナ。
 1筋からシンプルに香交換されたのは初めてかも・・・。
 一目の△1一飛に▲1四歩とされ、長考。
 △同飛と取り切れず、△1二香としたのですが、見事に空振りました。
 1筋を付き合った時、この筋は避けることが出来ず、研究課題です。

 その後、相手の▲8六香があまりよくないようで、87手目▲4八飛の局面はこちらがよさそう。
 ただ、ここで8六香に働きかけた△8四歩が疑問で、何はともあれ△7三桂でした。
 本譜は▲6五歩から混戦になり、さらに▲6四桂を見落とし・・・。
 相手の攻めも重かったので、端から反撃した時は何とかなるのではと思ったのですが、ダメでした。
 何かあったような気もしますが・・・。
 しかし、この一局も問題はその前ですね。


 結局、団体個人戦はいつものように2-2で終了。
 7人の合計は18勝で、勝ち点0.5をゲット!
 ところが、競争相手が勝ち点1をあげたため、順位は一つ下がるという・・・。

 入れ替え戦は厳しくなりましたが、残る3つを取れれば何とかなりそうな感じもします。
 最後までしびれる戦いが出来れば・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年09月18日 22:18
2局目、30手目の86歩で69角の問題は解決したの?
後手は62手目53桂がぬるくて、すぐに67角で先手が悪そうに見えます。
90手目の59金が敗着、45桂として46銀でも46馬57桂成同馬でも59銀を狙ってどうかと。
93手目72と は感心します。23桂とやって負けそうなところ、と金を引いて焦らすんですか。
4局目、46手目の15同香は僕なら13歩だけど。後で14歩から香を取りに行けるから、攻めを制限しているような気がします。
健ちゃんの序盤は強気な手が多くて、終盤に向かうところで守りの手が多くて、でも最後は強気で詰まそうとするんだね。受ける手もアクロバティックなのが多くて真似ができないです。
風邪でぼーっとしているので社団戦いけません。頑張ってね。
たかはし
2015年09月19日 22:03
2局目、やってこないだろうと決め打ちして指しましたが、
△6九角問題はまだ解決していません。
やられるとかなり嫌な筋ですね。
△5三桂では、確かにすぐの△6七角のほうがよさそうです。
△5九金はこちらもこれしか読んでいなくて・・・。
金を手放してくれたので、▲6一飛を打ちやすくなりました。
▲7二とでは▲2三桂が第一感でしたが、
△2四歩を入れるということは
後手から早い手がないということだろう判断し、急遽切り替え。
とはいえ、あまりに悠長でちょっと恐かったですが・・・。

4局目、本譜のようになるくらいなら、
関さん指摘の△1三歩でしたね。
▲1四歩がまるで見えていなくて、楽観的に考えていました。

風邪お大事に。来年の社団戦でまたお会いしましょう。

この記事へのトラックバック