*** 42146・・・ ***

 きょうは所用で、沼田に行ってきました。
 高崎で上越新幹線から上越線に乗り換え。
 上越新幹線に乗ったのは15年ぶりくらいで、上越線はひょっとすると初めてかも・・・。

 当然、沼田駅に降り立つのも初めて。
 山に雪が残っているのは驚きませんが、駅前から正面に見える丘にはびっくり。
 けっこう高いじゃないですか・・・と思っていたら、目的地は丘の上。
 市街地は急な坂を上り切ったところに広がっていたのでした。

 Wikipediaで沼田市を見ると、こんなふうに書かれています。

   市の西部を利根川が、南端をその支流である片品川が流れ、大規模な河岸段丘を形成する。
   中心街は段丘の上部にあり、利根川に沿って段丘下部をJR上越線や国道17号が通り、
   JR沼田駅は段丘崖の麓に位置する。これらとほぼ平行して関越自動車道が丘の上を通り、
   沼田ICは市街地の東に設置されている。


 さらに、河岸段丘を見ると・・・。

   地理の教科書や地図帳に多く掲載されている利根川の支流片品川(群馬県沼田市)

 地理を選択していなかったとはいえ、記憶にかすりもしなかった・・・。
 もっと勉強しないとダメですね。。

 画像は目的地に咲いていた八重桜。
 天気も申し分なく、外を歩くにはちょうどよい陽気でした。

画像

 帰ってきてから調べると、沼田のアメダスは目的地のすぐそばでした。
 あっ、察しのよい方はお分かりの通り、タイトルの数字は沼田のアメダス地点番号です。。

 ちなみに、アメダス・沼田の標高は439メートル。
 アメダス・みなかみ(標高・531メートル)と100メートルしか変わらないのは、こんな地形だからなんですね。
 ついでに、関越自動車道の赤城高原SAや片品川橋の標高がけっこう高いのも、こんな地形だから・・・。
 上越線や国道17号とはだいぶ条件が違いそうです。

 ここまで来たからには、42091へ――とも思ったのですが、時間がなかったので自重。
 何より、アルコールが入ってましたし・・・。
 次の機会のお楽しみ、ということにしておきましょう。

 あっ、察しのよい方はお分かりの通り、42091はみなかみのアメダス地点番号でした。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック