『マニフェスト 新しい政治の潮流』 金井辰樹 (光文社新書)

 先週、カ×イさんから依頼されていた課題を提出したので、読んでみました。

 再読した動機は、おとといエントリーした『仕事で「一皮むける」』(著・金井壽宏)と同じ。
 光文社新書なのも、10年以上前なのも、共通点です。

-------------------------------------------------------------------------------
第1章 マニフェストの誕生
 (1)発祥の地イギリス                (2)最高傑作「英労働党九七年マニフェスト」を読む
 (3)「一国主義」も公約に――アメリカの場合  (4)欧州マニフェストめぐり
第2章 公約なき国ニッポン
 (1)自民党強さの秘密  (2)失われた十年  (3)ウィッシュ・リストのつくり方――自民党
 (4)ウィッシュ・リストのつくり方――民主党
第3章 はじまりは地方から
 (1)マニフェストの伝道師  (2)日本発のマニフェスト誕生  (3)ローカル・マニフェストの原点
第4章 中央で高まるマニフェスト熱
 (1)先駆者たち  (2)五人の若侍  (3)重い腰を上げた自民党執行部  (4)「発禁本」という壁
第5章 政党別マニフェスト比較――初のマニフェスト選挙を迎えて
 (1)"本家"の意地をかけて――民主党の戦い
 (2)根強いアレルギーの中で――自民党の挑戦  (3)「第三党」としての立場から
第6章 理想のマニフェスト――15のポイント
                                  (2003年10月20日初版1刷発行)

-------------------------------------------------------------------------------

 『マニフェスト』のタイトルで本が出るくらいですから、当時はまだ旬な言葉でした。
 2003年1月、三重県知事・北川正恭が4月の統一地方選に向け、マニフェスト運動を提唱。
 これに応じる形で、11都道府県知事選では14人の候補がマニフェストを掲げ、このうち6人が当選しました。
 10月には公職選挙法改正案が可決され、国政選挙の選挙期間中に政党がマニフェストを配布可能に。
 直後の11月に行われた第43回衆議院議員総選挙は、「マニフェスト選挙」とも呼ばれました。
 そして、「マニフェスト」はこの年の流行語大賞に選ばれたわけです。

 そんな「マニフェスト」も今では色あせてしまったようで・・・。
 下は2012年12月の産経ニュースの記事からの引用です。

----------------------------------------------------------------------------------
民主の失政で「マニフェスト」は死語化
2012.12.1 23:03
 重点政策、選挙公約、骨太…。今回の衆院選を前に与野党が発表した公約のタイトルでは「マニフェスト」が“死語”になりつつある。前回衆院選では政策本位の選挙を象徴するキーワードとして注目され、平成15年の流行語大賞に選ばれたが、「マニフェスト違反」を繰り返した民主党の失政によるイメージダウンが響いている。

 前回衆院選では民主、社民など5党が「マニフェスト」を採用した。ところが、今回の衆院選でマニフェストという言葉を明確に使用したのは民主党だけ。

 自民党は今回から「重点政策」に。社民党も「『うそつき』と同義語になりつつある」(福島瑞穂党首)として「選挙公約」に衣替えした。公明党は「重点政策」を前面に打ち出し、冊子にはマニフェストを薄い文字で表記する苦心ぶりがうかがえる。

 第三極の日本維新の会は「骨太」、みんなの党は「アジェンダ」などと各党各様、独自の表現で公約を掲げている。

 ただ、マニフェストの特徴だった公約の数値目標や工程表も、各党の公約から影を潜めた。特に原発存続の是非をめぐっては各党の公約に開きがあるものの、具体的な道筋は示されていない。数値目標や工程表に縛られた民主党の二の舞いを避けたいとの思惑もありそうだ。

 このため、今回の衆院選では政策本位の選挙が後退しかねないとの懸念も残されている。(岡田浩明)

----------------------------------------------------------------------------------

 死語化したのは民主党の失政のせいだけではないでしょう。
 また、「マニフェスト」という言葉を採用しなければ、政策本位の選挙が出来ないわけでもないでしょう。
 死語化しているのが事実としても、何かポイントがずれているような気がします。。

 持っている本の中で、金井氏・著のものは2冊だけなので、これで終了。
 カ×イさんからの依頼が先日ので終了――というのは、まったく別問題ですが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック