『玉の終着駅』 関屋喜代作 (将棋世界・平成12年12月号付録)

 きのうは比較的おだやかな一日で、短期範囲もややこしくなく・・・。
 通常より一人少ない体制でも、昼食を外でとることができました。
 今年初! といっても、ドトールですが・・・。

 持っていったのは、見つけた関屋七段(現八段)の必死問題集。
 一手必死・三手必死ばかりですが、半分ほどしか解けませんでした。。
 一手必死の手はすぐに分かっても、その後の詰み筋が十数手もあったりして、なかなか難しいです。
 最近、詰将棋も必死もさぼっていたこともありますが・・・。

 直後にケータイに某大会のお知らせのメールが入りました。
 オフが取れれば参加予定ですが、こんな感じでは・・・。
 詰将棋解答選手権もあるので、久しぶりに難しいのも解かないといけませんね。

 その前に、まずはこの必死集。
 残り3分の1はこの二日、三日のうちに・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック