*** 社団戦、5日目 (2014/11/9) ***

 日曜日は社団戦の最終日でした。
 私の参加するチームは4日目を終わって勝ち点4.1で12位。
 団体個人戦の勝ち点0.1が大きく、自力で入れ替え戦に回れる状況です。

 この日の1局目は六将で出場。右玉を採用しました。
 相手の構えが中途半端な感じがしたので、桂交換して様子見。
 3六銀が動いたら△2七桂(飛香両取り)の予定で、▲1七香はそれを嫌ったもの。
 ただ、△1五歩と動く手があったので、香を上がるなら1八のほうがよかったかも。
 以下、馬を作ってよいと思っていたら、▲5七金右がうまい粘り。
 △9四桂からの攻めは成算がなく、端の突き捨ても余計でした。
 飛車を成られたところでは負けにしたかと思いましたが、△8二金で残しているようです。
 最後は時間稼ぎを2回繰り返しつつ、△5五馬までで詰めろ逃れの詰めろ。
 たぶん勝っていると思いますが、よく分かりません。
 チームも勝って、勝ち点5.1。入れ替え戦に大きく前進しました。


 2局目は七将で出場。相手は千葉の県代表経験者。
 1部は下位でも平気でこんな方が出てくるので、たまりません。。
 私の中飛車に角落ち上手のような形から、△6四金戦法。
 あまりに久しぶりで、指し方を思い出せません。。
 とりあえずそれらしく動きましたが、47手目▲4五同桂が疑問。
 局後、すぐに指摘されたように、当然▲6六歩とすべきところ。
 なぜか▲6六歩~▲4五桂がまったく見えていませんでした。
 以下は勝負所なく、完敗。チームも1-6で完敗でした。


 3局目、最後の15Rは六将で、懲りずに中飛車を採用。
 玉頭位取りを目指してきたのですが、ちょっと早すぎる感じなので、動いてみました。
 目論みどおり位を解消出来、相手の駒組みは難しいはず・・・と思ったら、相右玉に。
 これはわりと経験がある形で、▲8五桂から打開して指しやすさを感じました。
 ちょっと強引でしたが、桂の楔がある状態での▲9五角が厳しく、快勝・・・といえるでしょう。


 チームも5-2で勝ち、勝ち点6.1で勝利。
 順位は分かりませんが、入れ替え戦に回りました。
 入れ替え戦も六将で、三局連続の中飛車。
 相手の棋風は知らなかったのですが、イビアナは想定内。
 序盤はうまく指せたと思ったのですが、△3五歩は余計で、△6五歩が先でした。
 本譜は△3五歩▲2六飛の交換が入ったため、7筋のケアが必要となり、損をした感じ。
 そうこうしているうちに3~4筋が主戦場となり、雰囲気はイビアナペース。
 一歩補充の▲4五桂があまりにぴったりでした。
 それにしても、△7九銀はありえません。指した瞬間に気づきましたが・・・。
 一番大事な一局に大ポカが出てしまい、残念です。


 チームは2-5で負け、二部降級が決定。
 二年前は勝ち点3で無条件降級だったことを思えば上出来なのですが・・・。
 個人的には入れ替え戦含め9-5で、二年前の3-7を思えば上出来なのですが・・・。
 勝負弱さは健在・・・というか、最後にあれでは、将棋が弱いとしかいいようがありません。
 来年、また上を目指して頑張りましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック